車好きが選ぶ!角ばったデザインのかっこいいSUV7台【輸入車編】

SUV

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
ここでは角ばったデザインのかっこいいSUVをご紹介させていただきます。昔の車はほとんど角ばった形をしていたので、古い車を紹介すれば角ばった車ばかりになりますが、それは無しで最近の車の中で角ばったデザインのかっこいいSUVを7台ご紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合い下さい。

メルセデスベンツ:Gクラス

■メルセデスベンツ:Gクラス

角ばった車と言えばこれを思い浮かべる方は多いと思います。メルセデスベンツのGクラスですね。1979年の発売当初からほとんどデザインを変えずに今日まで販売されている超本格クロスオーバーSUVです。元々軍用車両だったゲレンデヴァーゲンを、一般車両にアレンジしたのがGクラスの起源です。シンプルなデザインですが完成されていて、さすがメルセデスと言えるクオリティです。中古でもかなり高額で取引されている超人気車で、時期によっては新車より中古車の方が高くなってしまうほど人気です。いつか手に入れたいと思っている方は多いはずです。

ランドローバー:ディフェンダー

■ランドローバー:ディフェンダー

ディフェンダーの起源となる車は1948年に発売され、2015年までの67年間もの間大きなデザイン変更なく販売されたランドローバーを代表する車です。本当に古臭いデザインですが、安定した人気があり、長く愛された車です。現在は新車で手に入れる事が出来ないため、中古市場で価格が高騰しており、程度が良いディフェンダーは当時の新車価格より高くなっています。また、現在は完全にデザインを刷新した新しいディフェンダーが発売されていますが、熱心な愛好家からは「ディフェンダーではない」などと言われています。

参考「ディフェンダー90」

キャデラック:エスカレード

■キャデラック:エスカレード

エスカレードはGMが開発・製造をしている高級SUVで、キャデラックブランドで1999年に発売になりました。現在は5代目となります。全長5,380mm、全幅2,055mm、全高1,945mmとかなり巨体で、本当に大迫力の大型SUVです。モデルチェンジのたびに大型化しています。さすがアメ車です!室内はかなり広く、大人4人が余裕でくつろげるスペースがあります。それでいて豪華装備満載という何ともゴージャスな車です。全幅が2メートル超えなので国内では取り回しが悪いと思いますが、アメ車好きにはおすすめです。

シボレー:タホ

■シボレー:タホ

1991年に発売開始、2021年に5代目にフルモデルチェンジしました。こちらもモデルチェンジのたびに大型化しています。全長5,352mm、全幅2,060mm、全高1,928mmとかなり大型SUVです。エスカレード同様、大迫力なモデルです。サイズが大きい分、室内は広いのでゆったりくつろげますが、運転するのは大変そうです。さすがアメリカですね、日本との国土の差が車のサイズにも表れています。

ジープ:ラングラー

■ジープ:ラングラー

1987年に初代が発売。現在は2018年にフルモデルチェンジした4代目が現行モデルです。悪路走破性が非常に高く、オフロードを本格的に楽しむ方に人気の車です。軍用車両かの様なデザインが堅牢さと逞しさを存分にアピールしています。豪華さはあまり無いですが、遊べる車として非常に人気です。また、カスタムパーツも多く発売されているためオフロード関係なく車好きにも人気の車です。

ハマー:H2

■ハマー:H2

H2は、同社の「H1」のデザインをより民間的にしたフルサイズSUVとして2002年に発売しました。当時かなり人気で、カスタムされたH2を街でよく見かけたのを思い出します。H2のリムジンなどもあり話題になった車です。2006年にH2より小型の「H3」が発売されましたが、H2ほど振るわず2010年に販売終了と同時にハマーブランドも廃止になりました。現在は中古車でしか手に入れる事は出来ませんが、それほど人気はないため比較的お得に手に入りますが、維持が大変な車です。デザインは今見てもカッコいいですね。

ちなみに「H1」は、映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーの要望を基に軍事車両の「ハンヴィー」を生産していた「AMゼネラル」から”ハマー”の名で民間用ハンヴィーとして発売された車です。

参考「ハマー:H1」

参考「ハンヴィー」

参考「ハマー:H3」

フォード:ブロンコ

■フォード:ブロンコ

24年振りに復活した「フォード:ブロンコ」です。本格クロスカントリーSUVで、2ドアタイプと4ドアタイプがあります。発売と同時にかなり人気のモデルで、現在は納車困難と言われている車です。ブロンコは以前所有していた事もある車なのでかなり注目しています。所有していた時に2ドアで不便だと感じていたので、4ドアタイプは本当に魅力的です。新型は、1966に発売された初代ブロンコを踏襲したデザインですが、個人的に1980年発売の3代目ブロンコも好きです。

参考「初代ブロンコ」

参考「3代目ブロンコ」

さいごに

いかがでしたか?
最近の車で角ばったデザインの車ってあまり無いですね。流れるようなボディラインの車はたくさんあって、それはそれでエレガントで美しいと思いますが、今回ご紹介させていただいた角ばったデザインの車も武骨で逞しさがあってかっこいいですよね。
あと、角ばったデザインの車って丸目ライトが多いんだなと思いました。
最後までお付き合いありがとうございました。

理想の中古車を手に入れる方法

中古車を買うなら、出来るだけ自分の条件に合った理想の中古車を買いたいですよね?
そんなあなたにピッタリのサービスがあります。

それは「ズバット車販売」です

ズバット車販売とは?
ズバット車販売とは、ネット非公開の中古車の中からあなたの条件にマッチした車を無料でプロが探してくれるサービスです。実はネットで公開されている中古車情報は、全体の30%程度しかないんです。ネット非公開の70%の中古車の中にあなたが探している車があるかもしれません。あなたが条件を出せば、その非公開車両の中からあなたにピッタリの車を探してくれます。

理想の車を手に入れるにはこちらをクリック↓

クルマを高く売る方法!

どうせ同じ車を売るなら、1円でも高く売りたいですよね?
車はディーラーに下取りしてもらう方が多いと思いますが、実は、車買取業者に売った方が高く売れるんです。そして一番高く売れる方法は…

それは「車一括査定」と言う売却方法です。

車一括査定とは?
これは、一回の申込で数店舗の見積もりを取ることができ、一番高く買い取ってくれるお店に売り払うという方法です。1店舗のみの見積もりより、数店舗の見積もりを競合させた方が10万円以上買取金額が変わります。しかも、査定は無料で自宅まで来てくれるのでとても楽ちんです。今大人気の車売却方法です。

車を高く売りたい方はこちらをクリック↓

タイヤとホイールを賢く買う方法

タイヤとホイールを賢く安く買う方法をご紹介させていただきます。

タイヤ・ホイールは、ネット通販で購入するとカー用品店やディーラーで買うより圧倒的に安く買う事が出来ます。ネットだと低品質なのでは?という方も多いですが、そんな事はありません。

ネット通販で安く買える秘密は、大量仕入れによる仕入れ値のコストダウンと、人件費をカットする事によるコストカットです。この2つのコストカットにより安さが実現されています。

タイヤは高いというイメージがありますが、それはもう古いです。ネットでタイヤやホイールを買うと本当に安さを実感できます。

おすすめのタイヤ・ホイール通販を3店舗ご紹介させていただきます。

1:フジ・コーポレーション

圧倒的な品揃えで、高級タイヤから格安タイヤまであります。

ホイールフィッティングで、愛車に装着したイメージを膨らませながらホイールを買う事が出来ます。また、全国2000店舗を超えるタイヤ取付協力店があるため安心してタイヤ・ホイールを買う事が出来ます。

ホイールとタイヤをセットでお得に買うなら、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

2:オートウェイ

高品質な輸入タイヤを格安で買う事が出来ます。

国際的な品質基準を満たした高品質な輸入タイヤのみを扱っているので、安心安全に安くタイヤを買う事が出来ます。

自宅近隣のタイヤ取付店を簡単に検索でき、全国統一の工賃でタイヤの交換が出来ます。

しかも、最短で翌日配送で、送料はなんと無料!

とにかくタイヤを安く買いたい方は、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

3:タイヤフッド

国内外の一流タイヤのみを扱っている通販サイトです。

輸入車の承認タイヤや、ランフラットタイヤまで幅広く取り扱っています。

タイヤフッドでは、全てのタイヤに6ヶ月間のパンク保証が付きます。

タイヤ交換は、全国のオートバックスの他に、全国4300店舗のガソリンスタンドや整備工場で取付けが出来るようになっています。

高品質な一流タイヤを少しでも安く買うなら、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

SUV
Car Lover Blog
タイトルとURLをコピーしました