メルセデス・ベンツのかっこいいいSUV一覧【6台】

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツのSUV

メルセデス・ベンツのSUVは、頭に「GL」が付きます。「GLA」「GLB」「GLC」「GLE」「GLS」の順にプレミアム感が増していきます。そして、一番有名なのが「G-Class」です。これら6台を、まとめてご紹介したいと思います!

メルセデス・ベンツ:GLA

■メルセデス・ベンツ:GLA

ベンツの中で一番コンパクトなSUVです。「Aクラス」ベースのSUVです。2014年に日本で発売になった時に、「スーパーマリオ」とコラボしてCMしていたのを今でも思い出します。パッと見、SUVと言うより5ドアハッチバックの様にも見えるスタイリングです。実際にこのモデルを購入する層は、SUVとしての性能ではなく使い勝手のよいハッチバックという観念で購入を検討している方が多いそうです。コンパクトサイズとは言ってもベンツから販売されている車なので、最先端のデジタルデバイスや安全機能はしっかり装備されています。

メルセデス・ベンツ:GLB

■メルセデス・ベンツ:GLB

2019年に発表され、2020年6月に国内で発売開始したモデルです。「GLA」と「GLC」の間に入るモデルですが、「GLC」に迫る大きさがあります。3列シートの7人乗りで、SUVとしてだけではなく、ステーションワゴンの代わりにも使えそうなモデルです。デザインも「GLA」や「GLC」とは違い少し角があるのが特徴的で、本格SUVとしても活躍してくれそうです。

メルセデス・ベンツ:GLC

■メルセデス・ベンツ:GLC

このモデルになると、エクステリアデザインはSUVらしくなりますね。「Cクラス」ベースのSUVです。GLAより、迫力と力強さがある顔つきになりますね。それでいて上品さも持ち合わせているデザインはさすがと思います。室内は、Cクラス譲りのシンプルでエレガントなデザインになっています。悪路走破性も高く、アウトドアを一層楽しくしてくれそうです。クーペタイプもあります。

メルセデス・ベンツ:GLE

■メルセデス・ベンツ:GLE

さすがにこのサイズになると、堂々としています。インテリアは、2枚のディスプレイを1枚にした最新ディスプレイが目を惹きます。これは最近の「Eクラス」「Sクラス」などにも採用されている最新デバイスです。また、世界初の「E-アクティブ ボディコントロール」というシステムを採用しているのも大きなポイントです!これは、4輪を独立してコントロールし、最上の乗り心地を提供するというシステムです。さらにもう一つ、メルセデス・ベンツ初の運転アシストシステムが搭載されます。それは、「アクティブ テールバック アシスト」と言うシステムです。これは、渋滞を早期に発見し、速度を合わせて渋滞に侵入、そこから先行車を自動追尾するというシステム。さらに、後続から緊急車両が接近した場合、自動感知して路肩などに寄り、道を譲るというシステムです。かなりの先進機能です!さすが!!

メルセデス・ベンツ:GLS

■メルセデス・ベンツ:GLS

メルセデス・ベンツの「GLシリーズ」最上級のSUVです。かなりビッグサイズのSUVです。フルサイズプレミアムSUVと言える存在で、その巨体に圧倒されます。エンジンは、ボディサイズに合わせたゆとりのあるラインナップで、どんなシーンでも動力性能の不満を感じることはないと思います。インテリアは、7名乗車が可能な3列シートを備え、室内は「S」を名乗るに相応しい贅を尽くした仕上がりになっています。3列目のシートでさえ大人2人が余裕を持って座れるスペースがありあます。ボディ剛性も高く、路面状況を選ばずに走れる悪路走破性を備えています。ただ、狭い日本の道路状況では扱いづらいかもしれません。

メルセデス・ベンツ:G-Class

■メルセデス・ベンツ:Gクラス

メルセデス・ベンツのSUVと聞いて、真っ先にこのモデルを思い浮かべる方が多いと思います。それくらい歴史が深く、愛され続けているモデルです。1979年に登場し、今年になり39年ぶりに初めてフルモデルチェンジしたのも話題になりました。エクステリアはほぼ変わらず、直線と平面で構成されたスクエアデザインは良い意味でそのまま継承されています。パッと見、変化なさそうですが、ヘッドライトがLED化してたりサイズが拡大していたり、紛れもなく新型へモデルチェンジしています。コックピット周りは、最新のデジタルデバイスをメーター周りに装備するなど今の時代に合ったものに変わっています。インテリアデザインは、円形ヘッドライトと同じ形状のエアアウトレットを左右に、ウィンカーと同じ形状のスピーカーをドアパネルに配置するなどエクステリアに合ったデザインになっています。クラシカルなデザインですが、いつ見てもカッコいいですね!

まとめ

いかがでしたか?メルセデス・ベンツと言えば「セダン」というイメージが強いですが、SUVも魅力的なモデルが多いですね。筆者的には、「Gクラス」が一番です。飽きがこない独特なデザインと、優れたオフロード性能は魅力的です。さらにオンロードでも快適に走行出来るし、見た目がカッコいい!問題は維持費かな(笑)あなたは、どのメルセデスSUVが好きですか?

かっこいいメルセデス・ベンツ特集はこちら

車好きが選ぶ!見た目がカッコいいメルセデス・ベンツの車【前編】
メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)は、ドイツのダイムラー社の中のブランドです。1886年に「カール・ベンツ」によって設立された世界最古の自動車メーカーです。1926年に、ベンツと「ゴットリープ・ダイムラー...

理想の中古車を手に入れる方法

中古車を買うなら、出来るだけ自分の条件に合った理想の中古車を買いたいですよね?
そんなあなたにピッタリのサービスがあります。

それは「ズバット車販売」です

ズバット車販売とは?
ズバット車販売とは、ネット非公開の中古車の中からあなたの条件にマッチした車を無料でプロが探してくれるサービスです。実はネットで公開されている中古車情報は、全体の30%程度しかないんです。ネット非公開の70%の中古車の中にあなたが探している車があるかもしれません。あなたが条件を出せば、その非公開車両の中からあなたにピッタリの車を探してくれます。

理想の車を手に入れるにはこちらをクリック↓

クルマを高く売る方法!

どうせ同じ車を売るなら、1円でも高く売りたいですよね?
車はディーラーに下取りしてもらう方が多いと思いますが、実は、車買取業者に売った方が高く売れるんです。そして一番高く売れる方法は…

それは「車一括査定」と言う売却方法です。

車一括査定とは?
これは、一回の申込で数店舗の見積もりを取ることができ、一番高く買い取ってくれるお店に売り払うという方法です。1店舗のみの見積もりより、数店舗の見積もりを競合させた方が10万円以上買取金額が変わります。しかも、査定は無料で自宅まで来てくれるのでとても楽ちんです。今大人気の車売却方法です。

車を高く売りたい方はこちらをクリック↓

タイヤとホイールを賢く買う方法

タイヤとホイールを賢く安く買う方法をご紹介させていただきます。

タイヤ・ホイールは、ネット通販で購入するとカー用品店やディーラーで買うより圧倒的に安く買う事が出来ます。ネットだと低品質なのでは?という方も多いですが、そんな事はありません。

ネット通販で安く買える秘密は、大量仕入れによる仕入れ値のコストダウンと、人件費をカットする事によるコストカットです。この2つのコストカットにより安さが実現されています。

タイヤは高いというイメージがありますが、それはもう古いです。ネットでタイヤやホイールを買うと本当に安さを実感できます。

おすすめのタイヤ・ホイール通販を3店舗ご紹介させていただきます。

1:フジ・コーポレーション

圧倒的な品揃えで、高級タイヤから格安タイヤまであります。

ホイールフィッティングで、愛車に装着したイメージを膨らませながらホイールを買う事が出来ます。また、全国2000店舗を超えるタイヤ取付協力店があるため安心してタイヤ・ホイールを買う事が出来ます。

ホイールとタイヤをセットでお得に買うなら、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

2:オートウェイ

高品質な輸入タイヤを格安で買う事が出来ます。

国際的な品質基準を満たした高品質な輸入タイヤのみを扱っているので、安心安全に安くタイヤを買う事が出来ます。

自宅近隣のタイヤ取付店を簡単に検索でき、全国統一の工賃でタイヤの交換が出来ます。

しかも、最短で翌日配送で、送料はなんと無料!

とにかくタイヤを安く買いたい方は、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

3:タイヤフッド

国内外の一流タイヤのみを扱っている通販サイトです。

輸入車の承認タイヤや、ランフラットタイヤまで幅広く取り扱っています。

タイヤフッドでは、全てのタイヤに6ヶ月間のパンク保証が付きます。

タイヤ交換は、全国のオートバックスの他に、全国4300店舗のガソリンスタンドや整備工場で取付けが出来るようになっています。

高品質な一流タイヤを少しでも安く買うなら、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

メルセデス・ベンツ
Car Lover Blog
タイトルとURLをコピーしました