車好きが選ぶ!BMWでかっこいいと思う車!【クーペ・セダン編】

BMW

BMW

BMWはドイツに本社を置く自動車メーカーで、「ロールス・ロイス」と「MINI」を傘下に置いています。自動車以外に、バイクも製造しています。1916年に航空機のエンジン製造メーカーとして設立されましたが、色々あって今は自動車とバイクを製造しています。BMWのかっこいい車を紹介する前に、BMWの車にまつわる4つの特徴をご紹介します。

1:キドニーグリル

出展:https://www.netcarshow.com/

■「キドニーグリル」

このグリルは、BMWブランドで販売されている自動車全てに採用されています。キドニーとは、英語で「腎臓」という意味です。これまで販売されてきた全ての車に採用されているので、一目でBMWとわかる様になっています。

2:丸目4灯ヘッドライト

出展:https://www.netcarshow.com/

■「丸目4灯ヘッドライト」

こちらのヘッドライトデザインも、BMWの全ての車に採用されています。最近は「丸目」ではなくなってきましたが、それでも一発でBMWとわかるデザインテイストになっています。

3:L字型テールランプ

出展:https://www.netcarshow.com/

■「L字型テールランプ」

テールランプの形状が「L字」になっています。これもBMWの車種はほとんど採用されています。中には「逆L字型」の車種などもありましたが、最近の車種はL字型になっています。

4:ホフマイスター・キンク

出展:https://www.netcarshow.com/

■「ホフマイスター・キンク」

Cピラーの付け根が、逆弧の字型にカーブしているのわかりますか?窓枠の部分で言うと、窓枠下の端部が斜めに上がり、ゆるやかなカーブを描いているのがわかると思います。これ、実はBMWの車ほぼ全てに採用されています。このデザインを「ホフマイスター・キンク」と呼びます。1961年にヴィルヘルム・ホフマイスター氏が考案したデザインで、今も採用されつづけられています。「キドニーグリル」「丸目4灯ヘッドライト」「L字型テールランプ」「ホフマイスター・キンク」この4つはBMWを紡ぐ赤い糸のような関係で、BMWが大事にしているアイデンティティです。昔から継承されてきた意匠で、今後も受け継がれていくはずです。それでは、ここからカッコいいと思う車をご紹介していきます。

BMW:Z4

出展:https://www.netcarshow.com/

■BMW:Z4

BMWの2シーターオープンスポーツです!2016年に一旦販売が終了し、2018年に新型(3代目)が発表された新型Z4です。トヨタの新型スープラの兄弟車としても有名です。先代より大幅にスポーティな外観に生まれ変わりました。鋭どい目つきのヘッドライト、新形状の「キドニーグリル」とエアロダイナミクスがワイド&ローを強調していて、より精悍になったと感じます。ボンネットフードのライン、サイドエアインテークからテールライトへ繋がるラインはとてもうまくまとまっていて、風を感じるようなデザインと言うか走りに高揚感を与えるようなスポーティなデザインだと思います。全体的に筋肉質なボディは、「駆け抜ける歓び」を感じさせてくれそうな雰囲気がありますね!

BMW:3シリーズ

出展:https://www.netcarshow.com/

■BMW:3シリーズ

2018年の「パリ・サロン」でワールドプレミアされ、7世代目に生まれ変わった新型3シリーズです。見た目の変化は乏しく見えますが、まずキドニーグリルが中央でつながった新デザインのものへ変化しています。あと、遂にヘッドライトは丸目ではなくなりました。(今までも完全な丸目ではなかったが、今回は丸っぽくもない)ホフマイスター・キンクも新デザインが採用され、鋭角的なものになっています。リアのコンビネーションランプは「5シリーズ」のデザインに近いものへ変わり、とてもわかりやすいL字型発光のタイプに変わっています。インターフェイスは、ボイスコントロールシステムが最新デバイスへ進化を遂げ「ヘイ!BMW」と話しかけると起動できるようになりました。よく見ると案外変わっていますが、全体のイメージの変化は乏しいのかなって感じですね。3シリーズは、BMWブランドの25%以上の売上があるだけに、あまり冒険が出来ないのだろうなって感じですね!個人的に、この新型の方が先代よりかっこいいと思います。

BMW:4シリーズ

出展:https://www.netcarshow.com/

■BMW:4シリーズ

4シリーズは、以前の3シリーズ・クーペの穴を埋める存在です。なぜ3シリーズ・クーペで販売しないのかはわかりませんが、走る歓びを存分に体験するために生まれたスポーツクーペです。以前の4シリーズは3シリーズの穴埋め的存在でしたが、この新型はデザインを刷新し完全に別物になっています。4シリーズはスポーツクーペを謳うので、より走りに力を入れて開発されたモデルです。そのため、3シリーズより力強い走りとボディコントロールを備えています。真に「駆け抜ける歓び」を体感できるモデルと言えます。キドニーグリルが大きすぎって思ったのは僕だけではないはず(笑)

BMW:5シリーズ

出展:https://www.netcarshow.com/

■BMW:5シリーズ

BMWブランドの中核を担うモデルであり、メルセデス・ベンツ「Eクラス」や、アウディ「A6」のライバルとも言えるミディアムセダンです。個人的に思うのが、BMWのアイデンティティである「キドニーグリル」や「丸目4灯ヘッドライト」を採用して車をデザインすると、プレミアム感を演出するのが難しいのでは?っていつも思っています。実際に5シリーズに関しても、メルセデス・ベンツやアウディよりプレミアム感では劣っているように見えてしまいます。しかし、スポーティさでは一番だと思います!!ワイドなフロントフェイスと美しいボディラインは躍動的で、よりスポーティさを際立たせています。そこがブランドの狙いなんでしょうかね!?

BMW:6シリーズ

出展:https://www.netcarshow.com/

■BMW:6シリーズ

現在3世代目の6シリーズですが、初代(E24型)は「世界一美しいクーペ」と呼ばれ、多くの愛好家が存在します。現行モデルも言うまでもありませんが、とても美しいスタイリングを実現しています。シルエットからして美しいですよね!やっぱりクーペは美しくないといけないと思います。筆者的に、BMWの中で6シリーズはかなり好きなモデルです。「クーペ」「グランクーペ」「カブリオレ」「グランツーリスモ」の4モデルが展開されています。正直「グランツーリスモ」はかなり微妙です。

BMW:7シリーズ

出展:https://www.netcarshow.com/

■BMW:7シリーズ

BMWブランドのフラッグシップサルーンです。さすがにこのモデルになると高級感がありますね!上品なメッキパーツの加飾と、堂々とした佇まいがプレミアム感を演出しています。室内のデザインテイストはこれまでのシリーズと似ていますが、仕上げの素材の違いでしょうか、モダンさが感じられる落ち着きのあるものになっています。ライバルは、メルセデス・ベンツ「Sクラス」、アウディ「A8」と言ったところですね!

BMW:8シリーズ

出展:https://www.netcarshow.com/

■BMW:8シリーズ

BMWブランドの偶数モデルはクーペシリーズとなっています。その中で「8シリーズ」は、クーペ最強モデルにあたります。8シリーズは、1999年に一旦販売終了しました。そして2018年に、およそ20年ぶりに復活を遂げました。エクステリアデザインは、かなり筋肉質で逞しいボディラインをしています。高性能クーペであることの証ですね!また、ワイルドで厳つい顔つきがカッコいいですよね!いかにもって感じがいいです!

BMW:i8

出展:https://www.netcarshow.com/

■BMW:i8

「i8」は、BMWブランド初のプラグインハイブリット方式のスポーツカーです!また、バタフライドアの採用もBMWブランドでは初です!この近未来的な造形は賛否両論ですが、筆者はかなり好きです!今までにない新しいデザインは、受け入れ難い方も多いですが、こういった新しいデザインこそがこれからの明日を切り拓いていく鍵になると思っています。ハイブリットスポーツカーなんて!!って思う人も多いですよね!?しかし、10年後には当たり前になっていると思います!1.5リッター直列3気筒エンジンとモータ―とのシステムトータル出力が362馬力、0-100km/h加速が4.4秒と中々の高性能です!このデザインはかなり目立ちますが、乗ってみたい車です!

まとめ

いかがでしたか?今回は、BMWのクーペとセダンでかっこいいと思う車をご紹介しました。デザインは似ていますが、どのシリーズにも特徴があって好みが分かれます!筆者は、「6シリーズ」「8シリーズ」「i8」が好きです。「Z4」をオープンにして、海岸沿いとか走るのも気持ちよさそうですね!あなたはどのモデルが好きですか?

BMWのSUV特集はこちら

BMWのかっこいいSUVをまとめて全部ご紹介!
BMW「X」シリーズ BMWブランドで頭に「X」が付くシリーズは全てSUVモデルです!X1~X7まで販売されていて、数字が上がるにつれてプレミアム感と価格が高くなります!また、奇数のモデルは従来のSUVで、偶数のモデルはSUVクーペのライ...

理想の中古車を手に入れる方法

中古車を買うなら、出来るだけ自分の条件に合った理想の中古車を買いたいですよね?
そんなあなたにピッタリのサービスがあります。

それは「ズバット車販売」です

ズバット車販売とは?
ズバット車販売とは、ネット非公開の中古車の中からあなたの条件にマッチした車を無料でプロが探してくれるサービスです。実はネットで公開されている中古車情報は、全体の30%程度しかないんです。ネット非公開の70%の中古車の中にあなたが探している車があるかもしれません。あなたが条件を出せば、その非公開車両の中からあなたにピッタリの車を探してくれます。

理想の車を手に入れるにはこちらをクリック↓

クルマを高く売る方法!

どうせ同じ車を売るなら、1円でも高く売りたいですよね?
車はディーラーに下取りしてもらう方が多いと思いますが、実は、車買取業者に売った方が高く売れるんです。そして一番高く売れる方法は…

それは「車一括査定」と言う売却方法です。

車一括査定とは?
これは、一回の申込で数店舗の見積もりを取ることができ、一番高く買い取ってくれるお店に売り払うという方法です。1店舗のみの見積もりより、数店舗の見積もりを競合させた方が10万円以上買取金額が変わります。しかも、査定は無料で自宅まで来てくれるのでとても楽ちんです。今大人気の車売却方法です。

車を高く売りたい方はこちらをクリック↓

タイヤとホイールを賢く買う方法

タイヤとホイールを賢く安く買う方法をご紹介させていただきます。

タイヤ・ホイールは、ネット通販で購入するとカー用品店やディーラーで買うより圧倒的に安く買う事が出来ます。ネットだと低品質なのでは?という方も多いですが、そんな事はありません。

ネット通販で安く買える秘密は、大量仕入れによる仕入れ値のコストダウンと、人件費をカットする事によるコストカットです。この2つのコストカットにより安さが実現されています。

タイヤは高いというイメージがありますが、それはもう古いです。ネットでタイヤやホイールを買うと本当に安さを実感できます。

おすすめのタイヤ・ホイール通販を3店舗ご紹介させていただきます。

1:フジ・コーポレーション

圧倒的な品揃えで、高級タイヤから格安タイヤまであります。

ホイールフィッティングで、愛車に装着したイメージを膨らませながらホイールを買う事が出来ます。また、全国2000店舗を超えるタイヤ取付協力店があるため安心してタイヤ・ホイールを買う事が出来ます。

ホイールとタイヤをセットでお得に買うなら、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

2:オートウェイ

高品質な輸入タイヤを格安で買う事が出来ます。

国際的な品質基準を満たした高品質な輸入タイヤのみを扱っているので、安心安全に安くタイヤを買う事が出来ます。

自宅近隣のタイヤ取付店を簡単に検索でき、全国統一の工賃でタイヤの交換が出来ます。

しかも、最短で翌日配送で、送料はなんと無料!

とにかくタイヤを安く買いたい方は、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

3:タイヤフッド

国内外の一流タイヤのみを扱っている通販サイトです。

輸入車の承認タイヤや、ランフラットタイヤまで幅広く取り扱っています。

タイヤフッドでは、全てのタイヤに6ヶ月間のパンク保証が付きます。

タイヤ交換は、全国のオートバックスの他に、全国4300店舗のガソリンスタンドや整備工場で取付けが出来るようになっています。

高品質な一流タイヤを少しでも安く買うなら、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

BMW
Car Lover Blog
タイトルとURLをコピーしました