車好きが選ぶ!見た目がカッコいいランボルギーニ(Lamborghini)を写真で紹介!【前編】

ランボルギーニ
この記事は約5分で読めます。

カッコいいランボルギーニ【前編】

ランボルギーニと言えば、黄色い闘牛!スーパーカー、ガルウィング(本当はシザードア)、フェラーリのライバル!イタ車など、色々なイメージがありますね。ランボルギーニは、「フェルッチオ・ランボルギーニ」が立ち上げた、イタリアを拠点とし主にスーパーカーを生産・販売しているカーブランドです。現在は、フォルクスワーゲングループ傘下の企業です。立ち上げ当初は、トラックやトラクターを生産する企業でした。それで儲けたフェルッチオは、エキゾチックカーを何台も所有するようになったが、どれも満足できず自分でスーパーカーを生産・販売するようになり、今に至っています。そんなランボルギーニの車の中で、性能関係なく個人的に見た目がカッコいいと思う車を紹介したいと思います!では、早速!!

ランボルギーニ:エスパーダ

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:エスパーダ

エスパーダは、1968年~1978年まで生産・販売された車です。「マルチェロ・ガンディーニ」が手掛けたモデルで、3ドアクーペという最近では見かけないデザインが特徴的です。10年間で1,217台が販売されましたが、今では滅多に見る機会がない車と言えます。V12エンジン、最高出力350馬力と当時ではかなりパワフルなエンジンを積んでいました。現在は中古市場でも滅多に出てこないレアな車です!

ランボルギーニ:ミウラ

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:ミウラ

正に名車中の名車ですね!ランボルギーニを語る上で欠かせない存在です!ミウラは、1966年~1973年の7年間で750台が生産されました。デザインはベルトーネに在籍していた「マルチェロ・ガンディーニ」によるもので、美しく流麗なボディラインが注目の的になりました。また、当時ではほとんど見ないV12エンジンを搭載していたことも大きな注目ポイントとなりました。最高出力350馬力のV12エンジンは、最高速300km/hとも言われていました!このミウラの功績により、ランボルギーニブランドと、マルチェロ・ガンディーニを一躍世界的に有名にさせたと言えます!今見ても美しいと言えるプロポーションは、本当に素晴らしいデザインだと思います!中古市場で、億を超える値段で取引されています!

ランボルギーニ:カウンタック

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:カウンタック

スーパーカーの代名詞的な車です。日本でのスーパーカーブームの火付け役で、スーパーカーと言えばカウンタックを連想する方が多いのでは!?また、ランボルギーニと言えば、ガルウィング(シザードア)と言うイメージを植え付けた車とも言えますね!カウンタックは、1974年~1990年にかけてミウラの後継車として生産・販売されていました。1974年の市販開始当初のモデルでもある「LP400」は、現在ではほとんど見ることがないレアなモデルです。そのあと「ウォルター・ウルフ・カウンタック」(LP500S)という、LP400のスペシャル版が3台販売されました。そして1978年には、ウォルター・ウルフ・カウンタックの改良版である「LP400S」が登場。1982年には、さらに改良され「LP500S」が発売。1985年にさらに改良され、エンジンは5,167ccまで拡大、最高出力は455馬力まで上がり「LP500QV」が発売。(QV=クアトロヴァルボーレ)そして1988年に、ランボルギーニ創業25周年記念モデルとして「25th アニバーサリー」が発売、これがカウンタックの最終モデルとて1990年まで販売されました。様々なモデルがある「カウンタック」ですが、どのモデルも今見てもカッコいいです!

ランボルギーニ:ディアブロ

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:ディアブロ

まず、車名がカッコいいですよね!ディアブロって「悪魔」って意味なんですよ。悪魔って名前は、あまり付けないないと思うのでネーミングセンスもいいなって思います!そんなディアブロは1990年~2001年まで販売された、カウンタックの後継車です。カウンタック同様、「シザードア」と「リトラクタブルヘッドライト」を装着した2ドアスーパーカーです!発売当初はリトラクタブルヘッドライトを採用していましたが、ヘッドライトの終日点灯が義務付けられた国ができた事により、1999年のフェイスリフトによってヘッドライトの意匠が変更されました。驚きなのが、このヘッドライトは日産の「Z32型フェアレディZ」のヘッドライトをそのまま流用しています。デザインは「マルチェロ・ガンディーニ」によるものですが、マルチェロ・ガンディーニがデザインしたものから若干修正されて登場しています。個人的に、フェイスリフト前のリトラクタブルヘッドライトのモデルが好きです!

まとめ

いかがでしたか?前編はここまでです。ランボルギーニは個人的にかなり好きなブランドなので、カッコいい車ばかりです。続きは後編にて!

車好きが選ぶ!見た目がカッコいいランボルギーニ(Lamborghini)を写真で紹介!【後編】
カッコいいランボルギーニ【後編】 後編は2000年代のランボルギーニをご紹介します。 では早速! ランボルギーニ:ムルシエラゴ 出展: ■ランボルギーニ:ムルシエラゴ 2001年に「デ...

ランボルギーニ公式チャンネルより

タイトルとURLをコピーしました