洗車レビュー!DIYで簡単にガラスコーティング!ジェネシスαを使ってみた結果

洗車
この記事は約5分で読めます。

GENESIS α(ジェネシスα)とは?

「GENESIS α」とは、洗車マニアが愛車をキレイにするために立ち上げた「カーファクトリー・answer」というカーショップで取り扱ってる、愛車のための「撥水・滑水コーティング剤」です!「GENESIS」(ジェネシス)いう商品名で数種類のコーティング剤を販売していますが、今回は滑水コーティング剤「GENESIS α」を使って洗車していきます!滑水とは、水が滑るように流れ落ちることを言います。撥水と違いボディに水が残りにくいので「水アカ」「雨シミ」が出来にくくなります!車庫がなく、屋外駐車している方にオススメの商品です!では早速施工していきたいと思います!

GENESIS α(ジェネシスα)施工手順の確認

手順1:脱脂シャンプーで洗車

付属の「脱脂シャンプー」を使ってボディを丁寧に洗車します!

そのあと、水が残らないようしっかり拭き取ります。

手順2:施工する

洗車後のボディに施工していきます!

施工方法は、GENESIS α(ジェネシス α)を水で固く絞ったクロスに2、3回スプレーします。

そのままボディに伸ばしていくように拭いていきます。

そして乾く前に、乾いたクロスでしっかり拭きあげて下さい。

以上で施工は終了です。

※一度に全体を施工するのではなく、少しのエリアずつ施工していくのがいいです。

洗車して、施工という簡単な流れなので誰でも簡単に出来ます!

簡易コーティングだけど、3ヶ月~6ヶ月持つので耐久性にも優れています!

コーティングに必要な物

1.脱脂シャンプー

(付属で付いてきますが、1回分だけです)

2.クロス3枚

(付属で1枚付いています)

脱脂シャンプーの洗車拭き上げ時に1枚。

GENESIS α(ジェネシス α)施工時に1枚。

拭き上げ用に乾いたクロス1枚。

ちなみに、筆者はマイクロファイバークロスで施工しました!

洗車する車の紹介

トヨタ「bB」です。筆者の父親の車です。最後に洗車したのがいつだったかわからない位です!おそらく数年は洗車していません。これは洗車のし甲斐があります(笑)写真からもわかりますが、かなり汚いです!

洗車、コーティング前の状態の写真

「ボンネット」

「ボディサイド」

「ルーフ」(天井)人に見せれる状態ではないですね!汚すぎるとしか…!!では、洗車していきます!

脱脂シャンプーで洗車

洗車前に水圧で埃などを除去します。

恐ろしいくらい水が弾きません(笑)

垂れ流しですね!

かなり汚いですが、施工前の洗車がかなり大事なので丁寧に洗っていきます。

ボディ全体をしっかり洗っていきます!

汚れがひどいので、結構大変です!

約1時間後

やっと洗車と拭き上げが完了しました。

これだけでも結構キレイになりました!

コーティング施工

では、コーティングしていきます、

準備したマイクロファイバークロスに、GENESIS α(ジェネシス α)を吹きかけて、ボディに伸ばしながら拭き、乾いたクロスで拭き上げていきます!ボンネットの半分程の大きさ毎に分けて施工すると作業しやすいし楽です。大体30分程度で施工出来ました!

施工後の写真がこちら

コーティング完了

「ボンネット」

「ボディサイド」

「ボディサイド」(アップ)

「ルーフ」(天井)

どうですか?

めちゃくちゃ簡単に施工出来ましたが、かなりキレイになったと思います!写真ではわかりにくいですが、かなり艶が出て輝いています!ボディの色が変わったかのようにキレイになりました!うっすら風景が映り込むくらい輝いています!見とれるくらいになりました。

撥水・滑水性能について

ボンネット左側が施工前、右側が施工後です!

一目瞭然ですが、全然違います!

水を見事に弾いているのがわかります!

まとめ

GENESIS α(ジェネシス α)使って良かったです!簡単に施工できて、効果がはっきりわかると嬉しくなります!車がもっとキレイな状態なら、もっと輝くと思います!今回施工した車は汚れもそうですが、塗装がかなり傷んでしまっていたので効果が薄れてしまったと思います!ここまで塗装が傷んでいなければ、もっと艶が出ると思います。それでも、GENESIS α(ジェネシス α)は満足の仕上がりでした。

GENESIS αは公式サイトで購入出来ます。

タイトルとURLをコピーしました