車好きが選ぶ!見た目がカッコいいランボルギーニ(Lamborghini)を写真で紹介!【後編】

ランボルギーニ
この記事は約4分で読めます。

カッコいいランボルギーニ【後編】

後編は2000年代のランボルギーニをご紹介します。

では早速!

ランボルギーニ:ムルシエラゴ

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:ムルシエラゴ

2001年に「ディアブロ」の後継車として登場し、2010年まで販売されました。カウンタック、ディアブロと同様に「シザードア」が採用されています。様々なモデルがありますが、写真の「LP670-4 スーパーヴェローチェ」は最高出力670馬力、0-100km/h加速3.2秒という、ムルシエラゴの中でも最強のパワーを持っています!!当時かなり好きで、モーターショーなどに見に行ってました。

ランボルギーニ:レヴェントン

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:レヴェントン

2007年のフランクフルトモーターショーで発表された、ムルシエラゴをベースとしたスーパーカーです!ステルス戦闘機がデザインモチーフになっていて、現在販売中の「アヴェンタドール」のデザインスタディとも言える車です!フロント、リアのデザインは「アヴェンタドール」そのものと言えます!20台限定販売で、価格は1億6千万円とぶっとんでましたが、すぐ完売したのも有名でした。

ランボルギーニ:ガヤルド

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:ガヤルド

2003年に「ベビー・ランボ」の後継車として登場した車で、2013年まで販売されました。カウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴと違い、シザードアを持たないランボルギーニです!ドアの開閉は、一般的な横開きとなっています。当時の新車価格は、2.205万円~!

ランボルギーニ:アヴェンタドール

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:アヴェンタドール

2011年にムルシエラゴの後継車として登場した車で、2018年現在も販売されている車です!ムルシエラゴと同様に、シザードアを持つランボルギーニです。エンジンフードカバーのデザインは「カメムシ」から発想を得たものですが、カメムシってこんなカッコよくないですよね(笑)フロント、リア周りは「レヴェントン」の意匠そのままって感じですね!ランボルギーニ史上、最も売れている車種です。筆者もランボルギーニの中で一番カッコいいと思います。1人でアヴェンタドールを複数台所有しているオーナーもいます。

ランボルギーニ:ウラカン

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:ウラカン

2014年にガヤルドの後継車として登場し、現在も販売されている車です!ウラカンは、シザードアではなく一般的な横開きのドアが採用されています。アヴェンタドールと比べ、全体のフォルムがスッキリしたデザインが特徴的です。

ランボルギーニ:チェンテナリオ

出展:https://www.wsupercars.com/

■ランボルギーニ:チェンテナリオ

2016年にランボルギーニ創設者「フェルッチオ・ランボルギーニ」の生誕100周年を記念に、アヴェンタドールをベースにして開発されたスーパーカーです。映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』に登場し、話題になっていました。40台の限定発売で、価格は2億円でしたが一瞬で完売しました。さすがランボルギーニと言えます。これぞスーパーカーと言えますね!!

まとめ

いかがでしたか?ランボルギーニは派手な車ばかりですね。でも、そこがいいとこです。スーパーカーはやっぱり派手じゃなきゃって思います!色々魅力的な車種が多いですが、中でもアヴェンタドールが一番カッコいいと思います!あの超派手なエクステリアデザインはカッコいいですよね!売れているのも納得です!!

前編はこちら

車好きが選ぶ!見た目がカッコいいランボルギーニ(Lamborghini)を写真で紹介!【前編】
カッコいいランボルギーニ【前編】 ランボルギーニと言えば、黄色い闘牛!スーパーカー、ガルウィング(本当はシザードア)、フェラーリのライバル!イタ車など、色々なイメージがありますね。ランボルギーニは、「フェルッチオ・ランボルギーニ」が立ち上...
Lamborghini Aventador S Dynamic Launch in Valencia

ランボルギーニ公式チャンネルより

タイトルとURLをコピーしました