車好きが選ぶ!かっこいいAston Martin(アストンマーティン)の車!

アストンマーティン

Aston Martin(アストンマーティン)

アストンマーティンは、イギリスの車ブランドで正式名称は「アストンマーティン・ラゴンダ」です。主に高級スポーツカーの製造・販売を行っています。1913年に「ロバート・バムフォード」と「ライオネル・マーティン」により設立。設立当初の社名は、「バムフォード・アンド・マーティン」です。そして、1915年に製作された1号車が、イギリスの「アストン・クリントン」で行われたレースで成功を収めたことから「アストン・マーティン」が誕生しました。その後も様々なレース活動を行っており、現在も「FIA世界耐久選手権」に参加しています。そんなアストンマーティンが販売している車は、エレガントなデザインで、高性能、高品質な高級スポーツカーが中心です。ここでは、筆者が個人的に好きなアストンマーティンの車をご紹介していきます!

アストンマーティン:DB9

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:DB9

2004年~2016年にかけて販売された、アストンマーティンの高級クーペです。この美しくモダンでエレガントなデザインがたまらなく好きです。太さが変わるサイドウィンドウを囲んでいるトリム、継ぎ目のないヘッドライトカバーなど、手作りだからこそ出来るクオリティです。2ドアクーペのお手本のような車です!

アストンマーティン:DB11

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:DB11

2016年に「DB9」の後継モデルとして発表された車です。DB9もかなり良かったんですが、これを見た瞬間に「DB11」の方が好きになりました。筆者の中では完璧と言えるスタイリングです。スポーティーでエレガントさもあり、美しい!フロントフェンダーのエアアウトレットが、最高にカッコいいです!また、室内はシンプルですが、エクステリアと同様にエレガントとスポーツが融合されていると思います。個人的にアストンマーティンで今一番好きなモデルが「DB11」です。

※ちなみに、「DB9」の後継が「DB11」で「DB10」は?と思った方のために説明しておきます。

「DB10」は映画『007 スペクター』のボンドカーとして登場しました!10台限定で生産され、そのうち2台が約4億円で落札されています!

アストンマーティン「DB10」映画『007 スペクター』

出展:https://www.netcarshow.com/

アストンマーティン:ヴァンキッシュS

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:ヴァンキッシュS

そろそろ生産終了となるモデルですが、カッコいいことに間違いはありません。全体にカーボンパネルを使用し、軽量化とボディ強化を図っています!この「ヴァンキッシュ」でも言えますが、美しいです!さすがアストンマーティンですね!フェラーリやランボルギーニとは違い、上品でエレガントです。

アストンマーティン:ヴァンキッシュ・ザガート

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:ヴァンキッシュ・ザガートシリーズ

アストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガートシリーズ」とは、アストンマーティンとザガートのコラボが生み出したモデルです。ザガートとは、イタリアに本拠を置く「カロッツェリア」の事で、車のコンサルティングやデザインを手掛けている会社です。そのザガートとアストンマーティンがコラボして、ヴァンキッシュをベースに誕生したのが「ヴァンキッシュ・ザガートシリーズ」です。「クーペ」「ヴォランテ」「シューティングブレイク」「スピードスター」の4モデルがあり、生産台数は4モデル合計で325台です!テールライトの造形が特徴的で、カッコいいです!個人的に一番好きなモデルは、「スピードスター」ですね。

アストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター」

出展:https://www.netcarshow.com/

アストンマーティン:ラピード

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:ラピード

「ラピード」はアストンマーティンの量産車初の4ドアモデルのハイパフォーマンススポーツカーです。「ラピード」は「DB9」をベースに開発されたモデルですが、その美しさは全く損なわれておらず、むしろ最初からこのデザインだったのではないか?と思わせる程うまくまとまっています。リアシートは独立式になっており、専用設計の高級オーディオとエンターテインメントシステムが後席住人を迎え入れてくれます。ハイパフォーマンススポーツを、4人で味わう事が出来る贅沢なモデルです!

アストンマーティン:DBS スーパーレッジェーラ

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:DBS スーパーレッジェーラ

アストンマーティンの新型フラッグシップとして「DB11」をベースに誕生したモデルです。「DBS スーパーレッジェーラ」はカーボンパネルやアルミを多用することで「DB11」より約70kgの軽量化しています。ちなみに、レッジェーラは超軽量という意味です。個人的に「DB11」が大好きなので、このモデルもかなり好きです!めちゃくちゃカッコいいです!

まとめ

いかがでしたか?アストンマーティンの車はどれも美しくエレガントですね。正に英国紳士の車って感じがします。フェラーリやランボルギーニの様な獰猛さはあまり無いですが、エレガントさでは勝っています。それでいて走行性能も高く、余裕で300km/hを超えます!価格も2,000万円を超えてくるので簡単に手に入るモデルではないですが、余裕があれば手に入れたいと思う魅力があります。個人的にアストンマーティンのモデルの中では、「DB11」が最高にカッコいいと思っています。あなたはどのモデルが好きですか?

理想の中古車を手に入れる方法

中古車を買うなら、出来るだけ自分の条件に合った理想の中古車を買いたいですよね?
そんなあなたにピッタリのサービスがあります。

それは「ズバット車販売」です

ズバット車販売とは?
ズバット車販売とは、ネット非公開の中古車の中からあなたの条件にマッチした車を無料でプロが探してくれるサービスです。実はネットで公開されている中古車情報は、全体の30%程度しかないんです。ネット非公開の70%の中古車の中にあなたが探している車があるかもしれません。あなたが条件を出せば、その非公開車両の中からあなたにピッタリの車を探してくれます。

理想の車を手に入れるにはこちらをクリック↓

クルマを高く売る方法!

どうせ同じ車を売るなら、1円でも高く売りたいですよね?
車はディーラーに下取りしてもらう方が多いと思いますが、実は、車買取業者に売った方が高く売れるんです。そして一番高く売れる方法は…

それは「車一括査定」と言う売却方法です。

車一括査定とは?
これは、一回の申込で数店舗の見積もりを取ることができ、一番高く買い取ってくれるお店に売り払うという方法です。1店舗のみの見積もりより、数店舗の見積もりを競合させた方が10万円以上買取金額が変わります。しかも、査定は無料で自宅まで来てくれるのでとても楽ちんです。今大人気の車売却方法です。

車を高く売りたい方はこちらをクリック↓

タイヤとホイールを賢く買う方法

タイヤとホイールを賢く安く買う方法をご紹介させていただきます。

タイヤ・ホイールは、ネット通販で購入するとカー用品店やディーラーで買うより圧倒的に安く買う事が出来ます。ネットだと低品質なのでは?という方も多いですが、そんな事はありません。

ネット通販で安く買える秘密は、大量仕入れによる仕入れ値のコストダウンと、人件費をカットする事によるコストカットです。この2つのコストカットにより安さが実現されています。

タイヤは高いというイメージがありますが、それはもう古いです。ネットでタイヤやホイールを買うと本当に安さを実感できます。

おすすめのタイヤ・ホイール通販を3店舗ご紹介させていただきます。

1:フジ・コーポレーション

圧倒的な品揃えで、高級タイヤから格安タイヤまであります。

ホイールフィッティングで、愛車に装着したイメージを膨らませながらホイールを買う事が出来ます。また、全国2000店舗を超えるタイヤ取付協力店があるため安心してタイヤ・ホイールを買う事が出来ます。

ホイールとタイヤをセットでお得に買うなら、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

2:オートウェイ

高品質な輸入タイヤを格安で買う事が出来ます。

国際的な品質基準を満たした高品質な輸入タイヤのみを扱っているので、安心安全に安くタイヤを買う事が出来ます。

自宅近隣のタイヤ取付店を簡単に検索でき、全国統一の工賃でタイヤの交換が出来ます。

しかも、最短で翌日配送で、送料はなんと無料!

とにかくタイヤを安く買いたい方は、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

3:タイヤフッド

国内外の一流タイヤのみを扱っている通販サイトです。

輸入車の承認タイヤや、ランフラットタイヤまで幅広く取り扱っています。

タイヤフッドでは、全てのタイヤに6ヶ月間のパンク保証が付きます。

タイヤ交換は、全国のオートバックスの他に、全国4300店舗のガソリンスタンドや整備工場で取付けが出来るようになっています。

高品質な一流タイヤを少しでも安く買うなら、迷う事なくここです!

▼公式サイトはこちら▼

アストンマーティン
Car Lover Blog
タイトルとURLをコピーしました