車好きが選ぶ!かっこいいAston Martin(アストンマーティン)の車!

アストンマーティン
この記事は約5分で読めます。

Aston Martin(アストンマーティン)

アストンマーティンは、イギリスの車ブランドで正式名称は「アストンマーティン・ラゴンダ」です。主に高級スポーツカーの製造・販売を行っています。1913年に「ロバート・バムフォード」と「ライオネル・マーティン」により設立。設立当初の社名は、「バムフォード・アンド・マーティン」です。そして、1915年に製作された1号車が、イギリスの「アストン・クリントン」で行われたレースで成功を収めたことから「アストン・マーティン」が誕生しました。その後も様々なレース活動を行っており、現在も「FIA世界耐久選手権」に参加しています。そんなアストンマーティンが販売している車は、エレガントなデザインで、高性能、高品質な高級スポーツカーが中心です。ここでは、筆者が個人的に好きなアストンマーティンの車をご紹介していきます!

アストンマーティン:DB9

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:DB9

2004年~2016年にかけて販売された、アストンマーティンの高級クーペです。この美しくモダンでエレガントなデザインがたまらなく好きです。太さが変わるサイドウィンドウを囲んでいるトリム、継ぎ目のないヘッドライトカバーなど、手作りだからこそ出来るクオリティです。2ドアクーペのお手本のような車です!

アストンマーティン:DB11

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:DB11

2016年に「DB9」の後継モデルとして発表された車です。DB9もかなり良かったんですが、これを見た瞬間に「DB11」の方が好きになりました。筆者の中では完璧と言えるスタイリングです。スポーティーでエレガントさもあり、美しい!フロントフェンダーのエアアウトレットが、最高にカッコいいです!また、室内はシンプルですが、エクステリアと同様にエレガントとスポーツが融合されていると思います。個人的にアストンマーティンで今一番好きなモデルが「DB11」です。

※ちなみに、「DB9」の後継が「DB11」で「DB10」は?と思った方のために説明しておきます。

「DB10」は映画『007 スペクター』のボンドカーとして登場しました!10台限定で生産され、そのうち2台が約4億円で落札されています!

アストンマーティン「DB10」映画『007 スペクター』

出展:https://www.netcarshow.com/

アストンマーティン:ヴァンキッシュS

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:ヴァンキッシュS

そろそろ生産終了となるモデルですが、カッコいいことに間違いはありません。全体にカーボンパネルを使用し、軽量化とボディ強化を図っています!この「ヴァンキッシュ」でも言えますが、美しいです!さすがアストンマーティンですね!フェラーリやランボルギーニとは違い、上品でエレガントです。

アストンマーティン:ヴァンキッシュ・ザガート

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:ヴァンキッシュ・ザガートシリーズ

アストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガートシリーズ」とは、アストンマーティンとザガートのコラボが生み出したモデルです。ザガートとは、イタリアに本拠を置く「カロッツェリア」の事で、車のコンサルティングやデザインを手掛けている会社です。そのザガートとアストンマーティンがコラボして、ヴァンキッシュをベースに誕生したのが「ヴァンキッシュ・ザガートシリーズ」です。「クーペ」「ヴォランテ」「シューティングブレイク」「スピードスター」の4モデルがあり、生産台数は4モデル合計で325台です!テールライトの造形が特徴的で、カッコいいです!個人的に一番好きなモデルは、「スピードスター」ですね。

アストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター」

出展:https://www.netcarshow.com/

アストンマーティン:ラピード

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:ラピード

「ラピード」はアストンマーティンの量産車初の4ドアモデルのハイパフォーマンススポーツカーです。「ラピード」は「DB9」をベースに開発されたモデルですが、その美しさは全く損なわれておらず、むしろ最初からこのデザインだったのではないか?と思わせる程うまくまとまっています。リアシートは独立式になっており、専用設計の高級オーディオとエンターテインメントシステムが後席住人を迎え入れてくれます。ハイパフォーマンススポーツを、4人で味わう事が出来る贅沢なモデルです!

アストンマーティン:DBS スーパーレッジェーラ

出展:https://www.netcarshow.com/

■アストンマーティン:DBS スーパーレッジェーラ

アストンマーティンの新型フラッグシップとして「DB11」をベースに誕生したモデルです。「DBS スーパーレッジェーラ」はカーボンパネルやアルミを多用することで「DB11」より約70kgの軽量化しています。ちなみに、レッジェーラは超軽量という意味です。個人的に「DB11」が大好きなので、このモデルもかなり好きです!めちゃくちゃカッコいいです!

まとめ

いかがでしたか?アストンマーティンの車はどれも美しくエレガントですね。正に英国紳士の車って感じがします。フェラーリやランボルギーニの様な獰猛さはあまり無いですが、エレガントさでは勝っています。それでいて走行性能も高く、余裕で300km/hを超えます!価格も2,000万円を超えてくるので簡単に手に入るモデルではないですが、余裕があれば手に入れたいと思う魅力があります。個人的にアストンマーティンのモデルの中では、「DB11」が最高にカッコいいと思っています。あなたはどのモデルが好きですか?

タイトルとURLをコピーしました