車好きが選ぶ!トヨタのかっこいいSUV一覧【2021年版】

トヨタ
この記事は約6分で読めます。

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。ここではトヨタのかっこいいSUVをご紹介させていただきます。セダンが流行ればセダンを何台も投入し、ミニバンが流行ればミニバンを投入し、SUVが流行ればSUVをニーズ毎にラインナップさせるという…!さすがトヨタです!で、しっかり売れるから凄いし、その時のトレンドをしっかり抑えているというか、トレンドを作っているというか、本当にすごいメーカーですよね。さすが世界一の車メーカーです。そんなトヨタのSUVを早速ご紹介させていただきますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

トヨタ:ライズ

■トヨタ:ライズ

「アクティブ・ユースフル・コンパクト」を開発コンセプトに、週末のレジャーから毎日の買い物まで、様々なシーンでアクティブな毎日をサポートするSUVとして誕生しました。ダイハツが販売している「ロッキー」のOEM製品です。今のトヨタデザインである「キーンルック」を継承し角ばったデザインで力強さと逞しさを演出しています。巷では「RAV4」の縮小版などと呼ばれています。コンパクトサイズながら、しっかり荷物も積めて、小回りも利くので本当に扱いやすい車です。価格は、167万円~です。

トヨタ:ヤリスクロス

■トヨタ:ヤリスクロス

トヨタのコンパクトカー「ヤリス」のSUV版です。ヤリスを少し大きくしたサイズで荷室スペースを確保し、車高を上げています。デザインは正直かっこいいと思います。初めて見た時に先進性が感じられ、未来的だと思いました。特にリアビューはかっこいいですね。細長い繋がったテールが新しさを感じます。室内は「ヤリス」のまんまって感じです。元々、国内導入する予定ではなかった車種ですが、社長の一言で発売に至ったという逸話もあります。価格は、179万円~です。

レンタカーの「ヤリス」を1週間乗り回しまくった感想!
ヤリスってどんな車? ヤリスは、1999年に発売されたトヨタのコンパクトカーで、国内では初代~3代目まで「ヴィッツ」という車名で販売されていました。しかし、4代目から車名を「ヤリス」に変更して発売しました。元々、海外では初代から「...

トヨタ:C-HR

■トヨタ:C-HR

トヨタの次世代世界戦略車として、世界100カ国で販売されているコンパクトクロスオーバーSUVです。かの有名なニュルブルクリンクで走行テストを行い、ヨーロッパでステアリングやショックアブソーバーのチューニングなどを行った、走りにこだわった車です。デザイナーの想いをそのままの形で実現させるべく開発。クーペフォルムの独走的なデザインで、そこにトヨタの「キーンルック」を取り入れうまくまとめています。初めて見た時の衝撃はすごかったです。デザインで購入を決めた方は多いと思います。見た目通り後部座席が狭いですが、子供なら余裕です。何度も乗りましたが取り回しはかなりいいですよ。価格は、238万円~です。

トヨタ:RAV4

■トヨタ:RAV4

4代目RAV4の国内販売が見送られ、久々に国内復活を遂げた5代目RAV4は、販売開始と同時にバカ売れして中古市場で新車より高値が付くという状況になっていました。オフロード走行性能が高く、逞しく力強いデザインだけど洗練されていて都会的でありオンロードも似合う、それでいて大き過ぎないサイズ感、そして「プラグインハイブリッド」もラインナップされている。もう売れない理由がないです。素直に欲しいと思います。価格は、274万円~です。

トヨタ:ハリアー

■トヨタ:ハリアー

当時、SUVは今ほど人気がなかった市場に「高級クロスオーバーSUV」として誕生し、信じられない程売れた車です。そして、ハリアーが売れたことにより追随モデルを他メーカーが多数発売することになった車です。国内で高級SUVとしての地位を確立した車で、それは現行モデルも変わらず常に進化し続けている車です。現行モデルは流行りのクーペフォルムを纏い、洗練されたデザインと高い先進技術を搭載し、トヨタのSUVラインナップを引っ張っています。価格は、299万円~です。

トヨタ:ランドクルーザー・プラド

■トヨタ:ランドクルーザー・プラド

プラドは、国内のみでなく海外からも高い評価を得ています。どんな所でも行けるタフさと故障が少なく、運転がしやすいという事で本当に人気です。力強いデザインだけどゴツゴツし過ぎていないのでオンロードでも似合うというのがいいですよね。山や海へとアクティブな方に本当におすすめです。少し大きいので運転が苦手な方は苦労するかもしれません。あと駐車場に困る事があります。価格は、362万円~です。

トヨタ:ランドクルーザー

■トヨタ:ランドクルーザー

国内最強のSUVと言える車です。海外でも非常に人気で、盗難率もかなり高い車です。耐久性、悪路走破性、プレミアム性、どれをとっても本当に一番と言える車です。ただ、狭い国内の道路では色々苦労すると思います。以前、ランクルと同等くらいの大きさのアメ車に乗っていましたが、狭い道路に入れない、狭い駐車場にも停められない、あと、道幅ギリギリの道路が多かったので走行するだけで神経を使いました。ちなみに、「ランドクルーザー」と言う車名は1954年から使用されており、現在販売継続している車種、且つ一つの車名で継続生産されている国産車の商標の中で、65年以上という一番長い歴史を持っています。価格は、482万円~です。

番外編

ここからは番外編です。トヨタが世界で販売しているSUVをご紹介させていただきます。国内販売なしの車なので手に入れる事も、見ることさえもほとんど無いSUVを2車種ご紹介させていただきます。

トヨタ:ハイランダー

■トヨタ:ハイランダー

ハイランダーは2000年から2007年まで国内で「クルーガー」として販売されていた車種の海外版です。現在は主に北米で販売されています。写真からだけではわかりにくいですが、ランクルと同じ位の大きさがあります。デザインはRAV4を大きくした様なフォルムで、室内は現在のトヨタのデザインそのままって感じです。国内販売すれば売れそうかと言われると、難しいと思います。正直、大き過ぎるのと競合車種が多すぎるかなって思います。デザインはかっこいいですけどね。

トヨタ:フォーチュナー

■トヨタ:フォーチュナー

フォーチュナーは、オーストラリア、タイ、インドネシアなどで販売されている海外モデルです。国内は未導入です。ハリアーとランクルプラドを合体させた様なデザインですね。リアはトヨタのカムリのテールランプそっくりです。やはりこれも国内導入しても売れなさそうです。パッと見はかっこいいですけどね。

さいごに

いかがでしたか?トヨタのSUVラインナップは最強ですね。コンパクトサイズから大型サイズまでフルラインナップで、下は160万円台~と価格設定も絶妙です。流石としか言えません。それでいてデザインもかっこいいという、最強としか言えないですね。それでは、最後までお付き合いありがとうございました。

車好きが選ぶ!見た目がマジでかっこいいおすすめの国産SUV【9選】
はじめに ここでは2020年現在で見た目がかっこいいと思うSUVを9台をご紹介させていただきます。今さらですが、SUVとは"Sport Utility Vehicle"の略で、アウトドア、レジャー、スポーツなど多目的に活用できる万能車を意...
タイトルとURLをコピーしました