予算200万円台~で新車で買えるおすすめの国産SUV17台【2021年版】

SUV
この記事は約8分で読めます。

はじめに

ここでは、新車で200万円台~手に入る新車の国産SUVをご紹介します。今絶大な人気を誇るSUVなだけにメーカーもしのぎを削って開発しています。特に200万円台は競合車種が多くどれも魅力的なモデルばかりとなっています。今SUVを検討中のあなたのお役に立てれば幸いです。是非最後までお付き合い下さい。では早速ご紹介していきます。

トヨタ:ライズ

■トヨタ:ライズ

「アクティブ・ユースフル・コンパクト」を開発コンセプトに、週末のレジャーから毎日の買い物まで、様々なシーンでアクティブな毎日をサポートするSUVとして誕生しました。ダイハツが販売している「ロッキー」のOEM製品です。今のトヨタデザインである「キーンルック」を継承し角ばったデザインで力強さと逞しさを演出しています。巷では「RAV4」の縮小版などと呼ばれています。コンパクトサイズながら、しっかり荷物も積めて、小回りも利くので本当に扱いやすい車です。価格は、167万円~です。

トヨタ:ヤリスクロス

■トヨタ:ヤリスクロス

トヨタのコンパクトカー「ヤリス」のSUV版です。ヤリスを少し大きくしたサイズで荷室スペースを確保し、車高を上げています。デザインは正直かっこいいと思います。初めて見た時に先進性が感じられ、未来的だと思いました。特にリアビューはかっこいいですね。細長い繋がったテールが新しさを感じます。室内は「ヤリス」のまんまって感じです。元々、国内導入する予定ではなかった車種ですが、社長の一言で発売に至ったという逸話もあります。価格は、179万円~です。

トヨタ:C-HR

■トヨタ:C-HR

クラストップの燃費性能と走る歓びを追及したハイブリッドシステムが売りで、国内販売トップのコンパクトSUVです。シーケンシャルウィンカーを装備し、その独創的なフォルムは近未来的なデザインとも言えます。また、ニュルブルクリンクを始めとする様々な世界で走りを鍛え、運動性能が高く意のままに操ることができるため、ドライバーに走る歓びを感じさせてくれます。斬新なフォルムのため賛否両論ありましたが、発売から今日まで高い評価で販売はトップクラスです。価格は238万円~!

トヨタ:RAV4

■トヨタ:RAV4

4代目RAV4の国内販売が見送られ、久々に国内復活を遂げた5代目RAV4は、販売開始と同時にバカ売れして中古市場で新車より高値が付くという状況になっていました。オフロード走行性能が高く、逞しく力強いデザインだけど洗練されていて都会的でありオンロードも似合う、それでいて大き過ぎないサイズ感、そして「プラグインハイブリッド」もラインナップされている。もう売れない理由がないです。素直に欲しいと思います。価格は、274万円~です。

トヨタ:ハリアー

■トヨタ:ハリアー

1997年12月に初代が発売され、今日まで高い人気を誇るトヨタを代表する高級SUVです。現在は4代目です。ボディラインがとても美しく、優雅な雰囲気をさらけ出しています。プレミアム性が高いデザインで悪路走破よりもオンロードが似合うモデルです。高い走行性能と安全機能を備え、老若男女問わず人気です。室内も写真の通り、高級感に満ち溢れています。ちょっとした優越感に浸れそうですね!価格は、ギリギリ200万円台の299万円~!

車好きが選ぶ!トヨタのかっこいいSUV一覧【2021年版】
トヨタのSUV全車種をご紹介させていただきます。ライズからランクルまで幅広くラインナップしているトヨタのSUVです。ここを見れば一気に全てを知ることが出来ます。是非ご覧ください。

日産:キックス

■日産:キックス

初代は三菱の「パジェロミニ」のOEMだったが、2代目は自社生産にて発売。軽自動車から普通車へ変わり、初の「e-POWER」専用車種となった。ジュークの代わりになる様な存在で、2020年6月の発売当初から注目を浴びた1台だ。日産の先進技術と安全装備を搭載し、コンパクトSUVながら快適性とモーター駆動による高い動力性能を手にした1台。価格は275万円~!

日産:エクストレイル

■日産:エクストレイル

悪路走破性が高く、海へ山へとどこにでも不安なく快適にドライビングできる頼れるモデルです。もちろんオンロードでの走行性能も高く、国内販売トップクラスのミドルサイズSUVです。ハイブリッド車もあるので燃費性能も高いです。筆者も所有していましたが、スノボーへ行く際に大活躍でした。アクティブな方におすすめです。そろそろフルモデルチェンジかな?って囁かれています。価格は、248万円~!

マツダ:CX-3

■マツダ:CX-3

マツダのSUVの中で一番コンパクトなSUVです。少し狭いですが、コンパクトボディなので取り回しが良く狭い国内ではとても扱いやすいと思います。マツダデザインはどれも同じで好き嫌いがあると思いますが、欧州メーカーみたいに統一感があって個人的に好きです。ただ、もう少し違いを出してもいいとは思いますが…!走行性能は非常に高く、「i-ACTIV AWD」がドライバーには感じ取れないわずかな挙動を感知して自動制御してくれるので、どんな路面状況でも快適にドライビングを楽しむことが出来ます。価格は、189万円~

マツダ:MX-30

■マツダ:MX-30

これまでの魂動デザインとは違ったテイストのデザインで発売になったMX-30。フリースタイルドア(観音開き)とか、カラーバリエーションも非常に豊富で3トーンカラー、モノトーンカラー等かなり拘りが見られるモデルです。室内も、フローティングコンソールやコルク材を使った仕上げなど今までのマツダには無かった新しいデザインが採用されています。かなり気になる1台です。価格は242万円~です。

マツダ:CX-30

■マツダ:CX-30

マツダの新世代商品群の第2弾として2019年10月に投入されたのが、この「CX-30」です。マツダのSUVラインナップは「CX-8」「CX-5」「CX-3」があるが、CX-5だと大きすぎる、逆にCX-3だと狭すぎるという声があった。その声を改善したモデルがこのCX-30で、CX-5とCX-3の中間サイズで大きすぎず、小さすぎず、かつパワーもしっかりある車がCX-30です。さらに、デザインも魂動デザインを継承しているのでかっこいい、という申し分ない車です。価格は239万円~です。

マツダ:CX-5

■マツダ:CX-5

マツダで一番売れているSUVですね。とても美しいスタイリングですが、躍動感と力強さを秘めたデザインだと思います。個人的に国産SUVで一番美しいと思うモデルです。CX-3より大きいので室内は広く、パワートレインも充実するため余裕の走りを楽しむことが出来ます。G-ベクタリング コントロールプラス搭載でクルマと一体感が生まれ、ドライバーも同乗者も気持ちがいいドライブが楽しめます!価格は、267万円~!

マツダ:CX-8

■マツダ:CX-8

3列シートを備えた国産SUVで一番売れているモデルです。全長が少し長いため、さすがに扱いやすいとは言えませんがファミリー層にとっては使い勝手がよく人気のモデルです。CX-3やCX-5が持つ走行性能や安全機能は全て備えています。ディーゼルモデルで15km/L~18km/Lと、このサイズのSUVではかなり優秀な燃費性能を持っています。価格は、299万円~!

スバル:フォレスター

■スバル:フォレスター

鍛え上げた肉体の様なたくましいボディラインが躍動的で力強く、冒険心をくすぶられる様なデザインがいいですよね。これに乗ってアウトドアを楽しみたいと思わせてくれるデザインです。また、スバルグローバルプラットフォームの採用により走りの質感も高いです。例えば、ステアリング操作に対する反応が正確で迅速なため、修正舵が減り同乗者の疲れや酔いを低減してくれます。そのため同乗者も気持ちいいドライブが可能となっています。アウトドアでガンガン使いたい方に本当におすすめの一台です。価格は、291万円~!

スバル:XV

■スバル:XV

スバルが提案する新しい形のSUVです。都市から自然まであらゆるシーンにマッチする優れたデザインが特徴的です。路面状況や走行状況に応じて前後輪に最適なトルク配分をするアクティブ トルク スプリットAWDを採用しているため、どんな状況でも不安なくドライブが可能です。また、雪道や荒れた路面の発進時でも「X-MODE」を利用すれば、エンジン、トランスミッション、AWD、VDCを統合制御し、4輪の駆動力やブレーキを適切にコントロールしてくれるため安心して走行できます。室内の質感も高く、スポーティと高級感をうまく融合させたデザインで落ち着きがあっていいです。価格は、220万円~!

ホンダ:ヴェゼル

■ホンダ:ヴェゼル

クーペの様な精悍なデザインで、モダンさとSUVが持つ力強さをうまく融合させたようなデザインです。シンプルで落ち着きがあり高級感とスポーティさが感じられるインテリアは、SUVとは思えない程質感が高いです。ホンダで最も売れているSUVなだけに力の入れ方もハンパないですね。走行性能も高く、1.5リッターとは思えないほど軽快なドライビングが楽しめます。価格は、211万円~!

三菱:エクリプスクロス

■三菱:エクリプスクロス

三菱が起死回生を図る、渾身のSUVです。この躍動的なフォルムは、アスリートがクラウチングスタートから走り出す瞬間をデザインモチーフにしています。流麗なフォルムですが、力強さとたくましさを感じ取ることが出来ます。走行性能では、あらゆる状況で安定した走行性能とリニアなハンドリングを実現するために「S-AWC」(Super All Wheel Control)という車両運動統合制御システムを搭載しています。今までの三菱にはなかったデザインですが、フロントマスクは特にかっこいいと思います。個性を出したい方におすすめです。価格は、253万円~!

スズキ:ジムニー・シエラ

■スズキ:ジムニー・シエラ

ジムニーの普通車版です。軽自動車もいいですが、やはりパワー不足なのとデザインがシエラの方がワイルドでかっこいいです。特にオーバーフェンダーが。軽自動車だとタイヤが細すぎて迫力がないですね。昔から作業車として人気で商用目的で購入する方が多く、その耐久性と悪路走破性には定評があり、現在はオンロードだけで楽しむ方も増えています。が、本当に楽しみたい方はオフロード走行をおすすめします。オンロードでも楽しめますが、ジムニーはオフロードを走ってこそ真価を発揮します。価格は、179万円~です!

まとめ

いかがでしたか?200万円台のSUVはかなり競合車種が多く、デザイン性、走行性が高いモデルが勢揃いです。一番売れている価格帯だけに各メーカーの力の入れ方がハンパないです!個人的には迷う事なく「CX-5」なんですけどね(笑)最後までお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました