車好きが選ぶ!予算300万円台で買える中古でおすすめのかっこいい国産車14台!

中古車
この記事は約8分で読めます。

はじめに

ここでは、予算300万円前後で買える中古でかっこいい国産車を紹介します。
予算300万円あれば多くの車種が選べます。その中から厳選に厳選を重ねて紹介いたします。
それでは早速ご紹介していきたいと思います。

レクサス:IS F

出展:https://www.netcarshow.com/

■レクサス:IS F

レクサスの本格スポーツセダンで、300km/hを超える速度でも快適に安心して走行できる様にチューニングされた車です。現行ISにはないスポーツ走行を楽しむことが出来る車で、走る喜びを体感させてくれるモデルとなっています。ただ、維持がかなり高いので要注意です。しかし見た目もかっこよく気持ちいい走りを実現しているのでレクサスブランドでスポーツ走行を楽しみたい方にはオススメです。予算300万円だと、2010年式で走行距離が5万キロ程度のモデルが買えそうです。

レクサス:SC

出展:https://www.netcarshow.com/

■レクサス:SC

レクサスのオープンカーです。元々はトヨタ「ソアラ」で販売していましたが、2005年に国内でレクサスブランドを展開し始めた頃にレクサス「SC」として販売開始になったモデルです。自動開閉式ハードトップという複雑なシステムを採用し、当時の米国自動車初期品質調査で2004年、2005年、2006年と1位を獲得するなど高い品質が国際的に認められたモデルでもあります。すでに販売終了していますが、未だ人気は衰えず根強いファンに支えられている車です。カスタムパーツも多く、ローダウンし大径ホイールを履いたかっこいいSCを街でたまに見ます。色褪せる事なく、いつ見てもかっこいいと思えるデザインで今でも欲しいと思う車です。予算300万円あれば、2009年式で走行距離が3~4万キロ程度のものが買えそうです。しかし維持が高いのと、同じ位の価格帯で車の状態が大きく変わるので購入時は現物をしっかり確認する必要があります。それでもこのSCを所有出来ると想像すると、ぜひ手に入れたいと思ってしまいます。

トヨタ:クラウンアスリート

出展:トヨタ公式サイトより

■トヨタ:クラウンアスリート

この車を知らない人はいないと思いますが、トヨタのフラッグシップセダン「クラウン」です。1955年に初代が発売され現在15代目と歴史が深く、いつの時代も先進の技術と高い安全性で日本の車界をリードしてきた日本を代表とする高級セダンです。こちらも予算300万円あれば、2016年式で走行距離が1万キロ程度のものが買えそうです。「いつかはクラウン」のキャッチコピーが有名ですが、本当にいつかはクラウンに乗ってみたいものです。

トヨタ:スープラ

■トヨタ:スープラ

2019年に新型が発表され話題になっています。性能や走り、装備に関しては新型スープラの方が圧倒的に上なのは間違いないと思いますが、デザインだけ見ればこの80スープラの方がかっこいいと思います。1993年~2002年にかけて販売された80スープラですが、今みてもカッコいいと思います。そう思える程デザインが優秀だったのでしょうね。今買おうと思うと球数が少なくあまり状態がいい車両はありませんが、それでも予算300万円あれば手が届きそうです。購入時はしっかり確認した上で買うことをオススメします。また、維持費が高いので要注意です。維持費関係なくカッコいい車が欲しいという方にはオススメです。

トヨタ:MR2

■トヨタ:MR2

今は亡きリトラクタブルヘッドライトがかっこいいですね。このサイズ感は取り回しもよく気持ちいい走りをしてくれそうです。しかしこのSW20型のMR2が販売されたのは、1989年~1999年です。今から20年以上前の車なだけに状態がいいものがほとんどないです。もし購入するなら修理費も含め維持費はかなり高くなることを覚悟して下さい。しかし、お金はかかってもスタイリングは魅力的です。予算300万円で購入しようと思えば、中古市場に出回っている車両はほとんど手が届きますが、しっかり整備されているかなど注意深く確認が必要です。

日産:スカイライン

出展:日産公式サイトより

■日産:スカイライン

日産のスポーツセダン「スカイライン」です。スカイラインの名を冠しているだけに、走りはさすがと言える仕上がりです。流麗でクーペの様なシルエットがかっこよく、室内も高級感とスポーティさが融合された贅沢な仕上がりとなっています。予算300万円あれば、現行モデル(V370系)が買えます。しかも2017年式で走行距離が0.1万キロ程度の極上モデルに手が届きそうです。かなりキレイな状態のモデルが買えるのでおすすめ車両です。

日産:フェアレディZ

■日産:フェアレディZ

フェアレディZは、日本を代表するスポーツカーして海外でも高い人気があります。これぞクーペと言えるシルエットがたまらなくかっこいいです。どの時代のモデルも常に時代を象徴するスポーツカーとして業界をリードしてきた車で、きっとこれからもそれは変わらないと思います。何度も乗りましたが、本当に気持ちいい走りを楽しむ事ができます。予算300万円あれば、2016年式で走行距離が1万キロ程度から手が届きそうです。

日産:R32 スカイラインGT-R

■日産:R32 スカイラインGT-R

さすがに現行GT-R(新車価格1000万円以上)は予算300万円では全く手が届きません。しかしR32型GT-Rであれば何とか手が届きそうです。とは言っても、選べる車両は少ないですが…!さすがGT-Rと言ったところです。1989年~1994年にかけて販売された車両なだけに、維持費はハンパないです。しかも部品も無くなってきているので修理が大変です。それでもGT-Rという車には魅力を感じてしまいます。見た目のかっこよさだけではなく、走りもハンパないので是非候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ホンダ:S2000

■ホンダ:S2000

S2000は、ホンダの創業50周年記念として1999年に販売開始された本格スポーツカーです。スポーツカーとして高い評価を得ていて、当時の本格スポーツカー1位に君臨したモデルでもあります。オープンカーですが、クローズドモデルと同等の運動性能を発揮させるためにルーフ部分に独自の工夫を施すなど、その高い走行性能と剛性が大きく評価されたモデルです。このS2000もすでに販売終了してしまってるだけに維持は大変な車です。しかしこのスポーツカーでオープンエアを楽しめると思うと胸が躍ります。予算300万円あれば、2009年式で走行距離が3~4万キロ程度の車両が狙い目です。

マツダ:RX-7

■マツダ:RX-7

いつ見ても、どこから見てもかっこいいです。リトラクタブルヘッドライトとロータリーエンジン、今は亡きこの2つを楽しむ事ができるモデルとして非常に価値は高いと思います。また、このスタイリングが本当にかっこいいです。1997年に販売終了していますが、今でも多くの方から愛されている車です。予算300万円で購入出来ますが、かなり高騰している車種なだけに状態がいいものは500万円を超えてきます。当時の新車価格より上回っていますね。維持するのが大変な車ですが、球数が少ないので早目の決断が必要です。今後さらに値段が高騰し売るときに購入金額より高くなるかもしれません。

マツダ:ロードスター

出展:https://www.netcarshow.com/

■マツダ:ロードスター

国内で一番有名なオープンカーと言っても過言ではないモデルです。マツダが誇るライトウェイトオープンスポーツで、真に走る喜びを体感させてくれる車と言えます。筆者も何度か乗っていますが、操るのが本当に楽しい車です。コンパクトで軽快な走りで、どこまでも走り続けたくなるような車です。カスタムパーツも多く、維持もそこまで大変ではないのでセカンドカーとし所有している方も多いです。予算300万円あれば新車(未使用車)が手に入ります。

マツダ:アテンザセダン

出展:https://www.netcarshow.com/

■マツダ:アテンザセダン

マツダのフラッグシップセダン。当ブログでも何度も紹介していますが、乗り心地もよくデザインも欧州車のように洗練されているのでおすすめです。維持費もセダンの中では比較的安い方です。室内はモダンさと高級感が融合された落ち着きがある仕上げとなっています。予算300万円であれば、新車(未使用車)が手に入ります。ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょう?

スバル:WRX STI

出展:https://www.netcarshow.com/

■スバル:WRX STI

スバルが世界に誇る本格4ドアスポーツカーです。外観は大型ウィングとボンネットのダクトが特徴的で、スポーツ感あふれるかっこいい車です。STIのノウハウと技術を詰め込み、意のままに操る楽しさを追及した運転する喜びを体感できる本格スポーツカーです。かなり人気の車種ですが、予算300万円あれば2016年式モデルに手が届きそうです。維持費はかかりますが、まだまだ現行モデルなだけに欲しいと思える車です。

三菱:ランサーエボリューションX

出展:https://www.netcarshow.com/

■三菱:ランサーエボリューションX

ランエボの最終モデル。個人的に復活してほしいモデルですが今の三菱の状況を見ると難しそうです。どの時代のランエボも高い人気がありましたが、特にこのモデルは最後のランエボとして人気でした。このランサーエボリューションXも中古市場で徐々に価格が高騰しているので、買うなら早目の決断が必要です。それに球数が少ないので状態がいいものはすぐに無くなってしまう可能性もあります。予算300万円あれば、2014年式に手が届きそうです。

まとめ

いかがでしたか?予算300万円で中古車の場合、かなり幅広く手が届きそうですよね?個人的にスポーツカーとセダンばかりになってしまったのが申し訳ないと思いますが、コンパクトカーやSUVの記事もあるので興味があれば参考にしてください。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました