出来る事から実践しよう!車を高く売るための10のコツ!

車買取
この記事は約7分で読めます。

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。ここでは、元車業界人の僕が、車を高く売る為の10のコツをご案内させていただきます。業界人だからこそ知っている内容だと思いますので、ぜひ参考にしていただいて少しでも査定額が上がれば幸いです。では早速ご紹介させていただきますので、最後までお付き合い下さい。

1:洗車をして売る

とても単純な事ですが、車はキレイな方が高く売れます。しかし、これは普段からしっかり洗車をしているかどうかという事です。普段から洗車をしている車は、塗装面の傷みがなく頑固な汚れがついていません。ちなみに、売る直前に軽く洗車した程度ではそんなに査定額は上がりません。査定員はプロなので、ボディの表面を見れば歪み、塗装面の傷み、汚れなどは一発でわかります。

・普段からこまめに洗車をしている車は高く売れます。
・コーティングされていると、さらに良いです。

2:車の傷、へこみは直さずに売る

車に付いてしまった傷、へこみは修理しなくても良いです。傷やへこみの程度によりますが、軽度の場合、修理費の方が高くつきます。若干の傷、へこみであれば車買取店は自社で修理工場を持っているので安く直します。一番やってはいけないのが、軽度の傷を自分で研磨して直す事です。それによってボディ表面が歪んでしまうので、査定額が下がる原因になります。

・傷、へこみは下手に直さない方が高く売れます。
・間違っても自分で研磨剤で直さない事です。

3:フルモデルチェンジ前に売る

あなたが今売ろうとしている車が現行モデルの場合、新型が発表されると査定額が下がります。新型が発表されると現行モデルでの買い控えが始まり、売れなくなるからです。しかも、現行モデルから新型への買い替えも始まるため、現行モデルの買取が増え査定額が下がります。なので、新型が出る前に売ってしまう方が高く売れます。また、車種によってマイナーチェンジでガラッと印象が変わる車があります。そういう車も査定額が下がります。フルモデルチェンジのサイクルは車種によって異なりますが、おおよそ7年くらい、マイナーチェンジは3~5年です。

・新型が発表される前に車を売ると高く売れます。
・車のモデルサイクルは3~5年くらいなので、愛車情報を常にキャッチしておくと良いですよ。

4:車内をキレイにして売る

車内の汚れや臭いも注意が必要です。特にタバコは要注意です。そのわけは、中古車には喫煙車・禁煙車という区分があります。そのため査定員は用心深く調べます。というか、臭いでわかります。現在禁煙を保っている車内はそのまま保つようにして、逆に喫煙してしまっている場合は換気したり、消臭したりしてなるべく臭いが残らないようにした方がいいです。また、シートの染みや頑固な汚れや両面テープの残りなどはマイナス査定になるので、染み抜きで取れそうなレベルは取っておいた方がいいです。テープの残りも取れそうなら剥がした方がいいですが、無理に剥がして車内を傷めてしまいそうならそのままの方がいいです。結局、買取ってから自社で清掃してしまいます。

・車内は常にクリーンな状態をキープ、とくに臭いには気を付けると高価買取につながります。
・車内を傷めずに取れそうな汚れはキレイした方が高く売れます。

5:オプション装備をアピールして売る

付いてて嬉しいオプション装備は、純正オプションだとしてもアピールした方が高く売れる。付いていて嬉しい便利な装備とは具体的に「ETC」「高性能ナビ」「自動ブレーキ」「シートヒーター」「ステアリングヒーター」「レーダークルーズコントロール」「オートハイビーム」などです。これらの装備は車のグレードによって標準装備の場合もありますが、ほとんどがオプションです。このあたりの装備を搭載している車は、ぜひ積極的にアピールしましょう。

・付いてて嬉しい快適・便利なオプションはアピールすると高く売れます。
・出来れば全てのオプションをアピールしましょう。

6:車は1~3月、または9~10月に売る

一般的に車が高く売れる時期は1~3月、9~10月です。1~3月は決算期で、9~10月は半期決算です。つまり、この時期は目標達成のために必死なので、多少高くても利益になるなら買い取ります。この時期は新生活スタート時期でもあるので、車の売買が増え多少高く買取っても売れます。査定員もそれは十分承知なので多少高めでも買い取ります。なので、この時期に狙って売れるなら、売ってしまった方がいいです。

・車を売る時期は1~3月、または9~10月に売る。
・新生活スタート時期が狙い目です。

7:走行距離に注意して売る

走行距離はおおよそ1年で1万kmが平均的と言われています。その上で多いか少ないかを判断します。例えば同じ走行距離でも、1年で3万km走行した車か、3年で3万km走行したかによって査定額が違います。1年で3万km走行した車の場合、1年で1万km以内の車より査定額は下がります。ただし、5万kmを超えるとどんな車も査定額は下がる傾向にあり、10万kmを超えるとさらに下がります。あなたの愛車が4年で4万km以内なら本気で査定をおすすめします。

・1年1万kmという平均値を超えてなければOKです。
・5万km超え、10万km超えは買取額に影響するのでその前に売るのがおすすめ。

8:純正品は全て取っておく

車をカスタムしている方限定ですが、純正品は取っておいて下さい。たまに、社外パーツ装着時に純正パーツを捨ててしまったという方がいますが、その場合はマイナスになります。カスタムを楽しむのは自由です。しかし買い取って売る時に、社外パーツ装着のままだと売れ残る事があります。そのため、そもそも買取しない場合もあります。なので純正品は必ず取っておいて下さい。これは高額査定のためではなく、買取出来るか出来ないかの問題でもあります。

・純正品は必ず保管しておくこと。
・純正品が無いことで買取できない場合があります。

9:下取りではなく買取店に売る

車を買い替える際に、ディーラー下取りを利用する方は多いと思います。しかし、ディーラーは新車を売って利益を上げているお店です。なので、そもそも下取る必要はないわけです。新車を売るために下取り額を調整し、新車購入額を安く見せて新車を売りたいので下取り額はあまり高くなりません。それに対して車買取店は、車を買取ってそれを売って利益を上げています。なので、車を買取らないと店が潰れます。車の買取=仕入です。どんなお店も仕入れが出来ないと潰れますよね?なので多少高くても仕入れをする事があります。そもそもディーラーの下取り額に負けていては商売にならないのです。そのため下取りより車買取店に売った方が高く売れます。

・車は下取りではなく、車買取店に売ったほうが高く売れる。
・下取りと車買取店では、数十万円も損をしてしまう事がある。

10:見積もりは1店舗ではなく数店舗で取ると良い

車に限らずですが、買取額の見積もりは1店舗ではなく数店舗で競合させて一番高く買取ってくれるお店に売るのがいいです。当たり前の事ですが、これは絶対にした方がいいです。例えば車ではなく、服やグッズでも数店舗の買取店をまわって一番高く買取ってくれるお店に売りますよね?車の場合も同じです。1店舗だけの見積もりと数店舗で競合させた場合では、買取額が数十万円かわる事がザラにあります。なので、必ず数店舗で見積もりを取るようにしましょう。物を買う時と同じです。同じ物でも買う店舗によって金額が変わりますよね?それと同じです。売るお店によって買取額は変わります。

・買取の見積もりは数店舗でした方が高く売れます。
・1店舗だけの見積もりの場合と、数店舗見積もりして競合させた場合では、数十万円変わる事があります。

オススメの車売却方法

僕がおすすめする車の売り方は、「車一括査定」です。その理由は、1回の申込で数店舗から見積もりが取れる事と、競合させて高く売れるからです。その一括査定の中でおすすめの業者は「カーセンサー」です。その理由は、大手買取店が提携しているからです。大手買取店とは、CMでお馴染みの「ビッグモーター」「ラビット」「ガリバー」「アップル」などです。この様な大手買取店は、競合させる事で高価買取に繋がりやすいからです。もし、あなたが今すぐ車を売りたいのであれば、こういった大手買取店にて査定を受ける事をおすすめします。また、車の買い替えを検討中の方も1度査定を受けると、次の車の予算を立てやすいと思います。車一括査定は査定額に納得できなければ売らなくても良いので気軽に申込できます。実際、ネットからの査定申込は毎日ありましたし、予算を立てる為だけの査定も多々ありました。査定してみたい方は下記公式サイトから申込できます。

さいごに

いかがでしたか?車を高く売るコツですが、意外に簡単な事ばかりじゃないですか?あなたの愛車を次に乗る人が気持ちよく快適に乗れる状態の方が高く売れます。ほとんどの方の場合、今の愛車は最終的に売り払うと思います。なので売る時のために全て実践出来ればいいですが、無理せず出来る事だけやっておくといいです。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

もっと詳しくカーセンサー車買取を知りたい方はこちら

カーセンサーで車を売るメリットとデメリット
ここでは、カーセンサーの車一括査定について詳しく解説させていただきます。カーセンサーの車一括査定は唯一メール連絡に対応しいて、提携買取店も1000社を超えるため、本気で車を高く売りたい方におすすめの車買取サービスです。
タイトルとURLをコピーしました