【車売却ガイド】メルセデスオーナー必見!ベンツを高く売る方法とは

車買取
この記事は約4分で読めます。

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
ここでは、「メルセデス・ベンツ」を高く売る方法についてご案内させていただきます。今ベンツを手放そうと思っている方にとって、かなり有益な情報となりますのでどうぞ最後までお付き合い下さい。よろしくお願いいたします。

メルセデス・ベンツとは

メルセデス・ベンツは、ドイツのダイムラー社が製造する車のブランド名で世界最古のカーブランドです。世界的に人気のブランドで、セダンからSUV、スポーツカーまであらゆるジャンルの車を製造・販売しています。日本では高級ブランドとして確立した地位を持っており、金持ちの象徴的なブランドになっています。特に売れているモデルは「Aクラス」「Cクラス」「GLA」「GLC」などの比較的安価なモデルです。また、「Sクラス」など1,000万円を超えるモデルも富裕層には人気です。

メルセデス・ベンツの中古相場

メルセデス・ベンツは中古市場でも人気が高く、どのモデルでも高値が期待できます。特に「Aクラス」「Cクラス」「GLA」「GLC」は比較的維持が楽なので人気が高いです。
とは言っても、相場にはかなり幅があります。年式、走行距離、状態により大きく左右されます。

メルセデス・ベンツを売る時に気を付けること

メルセデス・ベンツを高く売りたい方に、気を付けてほしいポイントがあります。
それは、どこのお店に売るのかという事です。
メルセデス・ベンツを含む輸入車は、売るお店によって買取額が大幅に変わります。国産車ばかりを取り扱っていてメルセデス・ベンツに詳しい知識がない買取店に売ってしまうと、めちゃくちゃ安く買取られてしまいます。
逆に、メルセデス・ベンツの価値を知っている専門的な買取店に売る事が出来たなら、かなり高額で売れます。

同じメルセデス・ベンツでも、売るお店によって買取額が10万円以上変わる事があります。少しでも高く売るなら専門買取店へ売る事をおすすめします。

おすすめの専門買取店

メルセデス・ベンツを高く買取ってくれるおすすめの専門買取店をご紹介させていただきます。

それは、「輸入車.com」という輸入車専門買取店です。

輸入車.comとは

「輸入車.com」とは、株式会社ゴーランドカンパニーが運営する輸入車専門の車買取店です。輸入車一筋で創業30年と、長い歴史がある会社です。

高く売れるワケ

輸入車.comでメルセデス・ベンツが高く売れる理由は、3つあります。

1:店舗直販だから

輸入車.comでは、買い取った車をそのまま直販しています。他の車買取店の場合は、買い取ってから業者間オークションに出品し利益を得ているので、査定額は、「出品手数料」「利益」「経費」を差し引いた金額となります。

しかし、輸入車.comは買い取った車を直販しているので差し引く金額は利益だけです。そのため高価買取につながります。

2:知識が高いから

一般的な車買取店とは違い、輸入車一筋の企業のためメルセデス・ベンツに関する知識量はかなり高いです。ノウハウや買取実績が他の買取店より豊富なため高価買取につながります。

3:輸入車専門店だから

国内の輸入車の需要は高そうに見えて、実は10%~20%程度です。「輸入車.com」の様な輸入車中古車販売と買取、アフターサポートを行っている業界の場合、輸入車を買取らないと商売になりません。ですが、輸入車は10%~20%とかなり低いので買取機会は他の一般的な車買取店より低いです。そのため買い取るチャンスがあれば他店より高く買取ってくれます。そして買い取った車は直販するのですが、輸入車専門店に来るお客さんは輸入車目当てなのですぐに売れていきます。この様に需要があるお店なので、他店より高価買取が実現できています。

補足情報

一般的な車買取店の場合、輸入車の買取ってあまり好きじゃないです。と言うのは、売れないからです。一般的な中古車販売店でメルセデス・ベンツなどの輸入車を買おうと来店する方はほとんどいません。それに、オークションに流すにしても値段を付けにくいのです。市場価値を読みにくいんですよ。なので、絶対に損にならない様に安く査定したりします。なので、メルセデス・ベンツなどの輸入車は最初から専門店に売った方がいいですよ。

メルセデス・ベンツを高く売りたい方はこちらをクリック↓

査定は完全無料。査定額に納得できなければ売る必要もありません

さいごに

いかがでしたか?
メルセデス・ベンツを高く売る方法は、専門買取店へ売るのが一番です!
特に新車登録から5年未満のメルセデス・ベンツは高値で売れる可能性を秘めています。また、今の愛車がいくらになるか知りたいという方は査定だけでも受けてみるのもいいと思います。

最後までお付き合いありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました