車を買い替えるタイミングと7種類の車の売り方【完全攻略】

その他
この記事は約10分で読めます。

はじめに

ここでは、車買い替えのタイミングについて説明します。

ポイントになるのは、「車検」「保証期間」「リセールバリュー」「ライフスタイル」あと、修理などの「メンテナンス費用」です。

人によって車にかける思いや価値観が違うので、一概に正解はないですが一般論で説明していきますので最後までお付き合い下さい。

1:車検のタイミング

購入3年目

新車で車を購入した場合、最初の車検が3年目です。一般的な新車保証もこのタイミングで切れることが多いです。ですが、一般的な保証が切れても特別保証で5年目くらいまでは大丈夫です。

この3年目で一番注目すべき点は、「リセールバリュー」です。リセールバリューとは、車の買取額のことです。この買取額によっては買い替えを検討してみるのも大事です。今乗ってる愛車が新型に変わっていなければ、現行車として高値で売れるため、買い替えを検討しても良い時期と言えます。

逆に、新型が発売されてしまっている場合、乗り換える人が増えるので買取額が下がる傾向にあります。また、新型に変わっていなくてもライバル車が新型に変わっていたら買取額が下がる傾向にあります。しかし、トータル的に見て購入3年目は急いで買い替える必要はないので、自分の愛車の買取額がいくら位になるのかという事ぐらいを軽くチェックしておくといい程度です。

購入5年目

購入3年目を過ぎて5年目くらいまでは買取額が安定します。高くも安くもなくって感じです。

2回目の車検である5年を過ぎるとほとんどの保証が切れます。そのため、トラブルがあった際の修理費は高額になるケースがほとんどです。乗り続けるのであれば、延長保証の有無の確認とメンテナンスをしっかり行う事がとても重要です。この5年目で考えてほしいのが、買い替えのコストと乗り続けるコストの比較検討です。乗り続ける場合のコストは、延長保証費やメンテナンス費、買い替えのコストは新車または中古車の購入費用です。

また、5年経過するとどんな車でも新型が発売されています。例えフルモデルチェンジでなくても、マイナーチェンジはされているので型落ちになる場合がほとんどです。そのため5年目は買い替えを検討する重要な時期と言えます。ここで一度査定を受けて買取額を確認し納得できる金額なら買い替えを真剣に検討するのが良いでしょう。

購入7年目

購入5年目から7年目だと買取額は下がる一方で、なかなか高額査定は付かないでしょう。この先、今の愛車を乗り潰すかどうかの別れ道と言えるのが、3回目の車検である7年目です。

乗り潰すのであれば車検と同時に、徹底的に整備をし少しでも不具合がある箇所を修理しておくのがベストです。また、買い替えるなら7年目が最終的なタイミングとも言えます。ですが、買取額は特別な車種でない限り高額にはなりません。さらに初年度登録から7年目を過ぎると国によって制限がかかるので輸出も困難になります。ディーゼル車やランドクルーザーは需要があるのでまだまだ輸出可能です。

そして新車購入から7年を迎えると、車の装備・性能は大きく変わります。レーダークルーズコントロール、自動ブレーキ、車種によっては自動運転、燃費性能、乗り心地などあらゆる面において変化しています。そのため買い替えのメリットはかなり大きい時期です。査定を受け真剣に買い替えを検討するラストチャンスと言えます。

購入10年以上

ここまで来ると、愛車が本当に大好きだったと言えます。

今後乗り続けていくにも年数が経てば経つほど部品の調達が困難になってくる時期です。そのため、メンテナンス費用は今まで以上にかかります。さらに購入13年を超えると増税があるので忘れず頭に入れておいて下さい。そして愛車との付き合いを楽しんで下さい。

ライフスタイルの変化

車の年数関係なくライフスタイルの変化は、誰にでも起きる事です。

例えば「結婚」「出産」「転勤」などです。この場合、手放したくないけど仕方なく買い替えをする場合が多いです。例えば、独身の頃はスポーツカーに乗っていたが、子供ができてミニバンに乗り換えるとか、逆に、子供が成人したのでミニバンからスポーツカーに乗り換えるとか、転勤で車が不要になったので手放すとか、人によって環境変化は様々です。

いずれにせよ、今の愛車がいくらで売れるかによって次の車の予算は変わってきます。買い替えをしなければいけない状況の方は、まず査定を受けるのがおすすめです。

ローンが終わるタイミング

今の車のローンが終わるタイミングで買い替える方も非常に多いです。ちなみにローンは60回払い(5年)で組んでいる方が最も多いと言われています。

ここでポイントになるのが、ローンが終わってから査定を受けるのか、ローンが終わる前に査定を受けるのかという点です。残債があっても査定額によっては相殺できる場合があります。また、車の状態によっては残債以上の査定額になり、次の車の頭金を作ることが出来てしまいます。筆者の場合、ローンが一年以上残っている状態で査定をし、買取額で残債を完済した経験があります。残債があるから買い替えが出来ないという事はないので、買い替えを検討している方は早目に査定を受けるのがおすすめです。

走行距離のタイミング

一般的に車は走行距離が10万キロを超えると価値が大幅に下がると言われています。中古市場を見ても10万キロ超えの車種はかなり安く売られているので、あながち間違いではないと言えます。その理由は10万キロを超えると「走る・曲がる・止まる」という車の一番重要な性能において様々な部品が劣化し、メンテナンス費用が高くなるからです。とは言っても10万キロを超えてもしっかり整備さえしていれば何も問題なく走ってくれます。その証拠にトラックやタクシーなどは50万キロ以上走行しています。海外では100万キロ以上走行している車もあります。それでも国内では10万キロを超えると価値が下がるので、10万キロ到達前に一度査定を受ける事をおすすめします。

事故・故障のタイミング

起こしたくないですが、車を運転している限り誰にでも事故を起こしてしまう可能性はあります。また、どれだけ安全運転をしていても衝突されてしまう事もあります。

車が軽傷で済めばいいですが、買い替えざるを得ない場合もあります。そんな場合でも諦めずに廃車専門買取査定を受けてみて下さい。

一般的に廃車にするには各種手続きに費用がかかります。しかし買取が成立した場合、逆にお金が入ってくる事になります。そのお金で次の車の予算にする事ができます。

車の査定方法

車一括査定

車一括査定とは、一回の査定申込で数社から査定を受けることが出来るサービスです。車の査定で一番有名な方法です。

気を付けたいのが、知らずに申し込むと5~10社程度から一気に査定依頼の電話がかかってくるので、びっくりし対応に疲れるという事です。次から次に電話が鳴り、査定の日程調整を迫られます。しかしメリットもあります。一気に数社の買取額を知ることが出来るし、競合して買取額が吊り上がりやすいので本気で車を売りたい方にはおすすめです。一括査定の場合、どこで申込をしてもほとんどの車買取業者が加盟しているので特におすすめはありません。しかし、あえてオススメを挙げるなら、加盟店が多く競合して買取額が上がりやすい「カーセンサー」がおすすめです。

カーセンサー公式サイトは下記より

一社限定買取査定

一社限定買取査定とは、そのままですが厳選された買取店一社のみから査定を受けれるサービスです。

車は、セダン、スポーツカー、SUV、ミニバンなど様々なジャンルがあります。車買取店は、車のジャンルによって力を入れて買い取っている車種があります。そのため、マッチしない買取店に売ってしまうと安く買取られてしまいます、逆にマッチした買取店に売る事が出来れば高価買取になります。しかし、どの買取店がマッチしているかわかりません。しかし世の中には自分の車をどこに売れば高価買取につながるか教えてくれるサービスがあります。それが「車査定.com」です。このサービスは、地域によって大手より強い買取業者や、販路がシンプルで中間マージンが少ない業者など過去の膨大な買取実績データをもとに自分の車に合った買取店を一社だけ紹介してくれるサービスです。そのため一括査定より大幅に短い時間で査定をすることができ、かつ高価買取に繋がりやすいという査定方法となっています。

一社限定買取査定の公式サイトは下記より

オークション買取査定

オークションと言えば、「ヤフオク」や「メルカリ」などの個人オークションが有名ですよね。しかし、個人オークションの場合、落札されない場合や、落札されてもそのあとの手続きが面倒だったり、またトラブルが発生する事などもあるので、初心者にはハードルが高く簡単に出品できません。

それでもオークションで車を売りたい方にぴったりのサービスがあります。それは「セルカ」と言う車買取オークションです。

セルカで出品をすると全国数千社の車買取業者が落札してくれます。しかも出品作業も業者が行ってくれるのでかなり楽です。あなたは自分の車を提携店に持ち込み一回査定を受けるだけです。そのあとはオークションで最高額を付けてくれた業者に売却するだけ!対面営業も営業電話もかかってきません。なるべく人と会わずに車を売りたい方にぴったりの買取査定です。

セルカ公式サイトは下記より

外車専門買取査定

外車を売りたい場合は、外車専門買取店に売ると高価買取に繋がります。

外車を一般的に中古車販売店に売ると安く買取られてしまいます。その理由は需要が少ないからです。そもそも外車を中古で買う方は少ないですし、もし買うにしても正規ディーラーの認定中古車を買う方がほとんどです。そのため売れ残ってしまう可能性が高い外車を高値で買い取ってくれる事はほとんどありません。業者によっては査定すらしていない所もあります。

しかし外車専門店は別です。外車専門店は外車を買い取りたくて仕方ないのです外車専門店にとって外車の買取は仕入れにあたります、一台でも多く外車を仕入れて販売をしないと商売になりません。そのため一般的な買取業者より圧倒的に高価買取につながります。

おすすめ外車買取公式サイトは下記より

アルファード専門買取査定

アルファード、ヴェルファイアなどは専門買取店が存在します。

初年度登録から5年以内であれば、かなり高額で買い取ってくれます。その理由は輸出です。アルファード、ヴェルファイアはマレーシアでかなり人気があります。アルファード専門買取店「ENG」はマレーシアに輸出するために高価買取を行っている業者です。初年度登録2年以内は本当に高価買取で、新車購入時と同額くらいで買い取ってくれたというケースもあります。アルファードやヴェルファイアを売りたいと思っている方は間違いなく「ENG」で査定を受ける価値が大いにあります。

ENG公式サイトは下記より

弥来精機(ミキセイキ)

ミキセイキは「車を売りたい人と、車を買いたい人」をマッチさせる企業です。

自分の売りたい車を、世界20カ国1200社以上からマッチングしてくれるため、自分の車を真に欲しい人が買ってくれます。そのため高価買取につながります。

査定申込をすると24時間以内に「最低買取保証額」を教えてくれるので、他社と比較しやすいです。また、他社に売却したほうが優位な場合は教えてくれます。

損なく車を売る事ができるため人気の査定となっています。

ミキセイキ公式サイトは下記より

無料査定サービス【ミキセイキ】
査定申し込みはこちら

廃車・事故車査定

廃車、事故車、不動車であっても諦めるのは早いです。

廃車にするような状態の車でもパーツが使えればお金になりますし、車体に使われている多くの金属は再利用できます。そのため廃車でも買取が可能となっています。

知らずに廃車にすると手続きに費用がかかります。しかし専門買取店に売るとお金にする事ができます。

ぜひ一度査定を受けて下さい。驚くような金額で買い取ってくれるかもしれません。

廃車専門買取店は下記より

まとめ

いかがでしたか?車買い替えのタイミングは年数や環境によって大きく左右されます。また、経済面によっても影響されるのでベストタイミングは人によって異なります。一般的に一番多いのは5年目でしょうね。ローンを5年に組む方が多いですし、走行距離も5年で10万キロ近くいく方も多いですから。早いサイクルで変えたいなら、買取額が高い3年以内で買い替えるのが一番ベストと言えます。また、査定額だけを簡単に知りたい方は「一社限定査定」がおすすめです。割と早く査定が終わるし、高額査定にもつながるので本当におすすめです。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました