車好きが選ぶ!かっこいいマクラーレン(McLaren)の車!

マクラーレン
この記事は約8分で読めます。

マクラーレンとは

マクラーレンは、2009年に設立されたイギリスに本社を置くスーパーカー専門の自動車ブランドです。正式名称は「マクラーレン・オートモーティブ」です。前身は、1990年に設立された「マクラーレン・カーズ」で、1994年に発売された「マクラーレンF1」が市販車1号です。ちなみに、マクラーレンと言えばF1が有名ですよね!そのマクラーレンと同じグループ会社です。F1のマクラーレンは「マクラーレン・レーシング・リミテッド」として活動しており、現在もレース活動を行っています。自動車メーカーとしての歴史はまだまだ浅いマクラーレンですが、かなりかっこいい車を販売しているので、ご紹介したいと思います。

マクラーレン:F1

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:F1

マクラーレンの名を冠した初のロードゴーイングカ―です。惜しみない技術を注ぎこんだハイパーカーで、売れば売るほど赤字になったという伝説の車です。設計者は当時のF1マシンを手掛けた「ゴードン・マレー」です。マレーは、20世紀最後の工業製品として、10年、20年後にも見劣りする事がない究極の自動車をテーマに「F1」の開発に挑みました。その結果、発売から20年経ちましたが、現在のスーパーカーと比べても見劣りしない素晴らしい車となっています。きっとこれから先も見劣りする事がないと思います。当時の新車価格は、約1億円です。

マクラーレン:MP4-12C

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:MP4-12C

公道を走るマクラーレン!その夢の第一歩と言える車がこの「MP4-12C」です。この「MP4-12C」を皮切りに、次々と新しいモデルが追加されていきます。MP4-12Cの車名の由来は、V12エンジン並の性能を備えた、カーボンファイバー(Carbon fiber)を使用した車なので、12C。MP4は「マクラーレンF1レーシングチーム」を知っている方ならわかりますが、F1マシンの呼称からきています。実際はV12エンジンではなく、3.8リッターV8エンジンを搭載していますが、性能は、最高出力600馬力、0-100km/h加速は3.1秒と本当にV12エンジン並の性能を誇っています。価格は、2,790万円~!

マクラーレン:P1

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:P1

P1とは「Position 1」の略で、簡単に言うと「1位」という意味です。写真からもわかりますが、「バタフライドア」が採用されています。ブレーキシステムはF1にも採用されている曙工業製のカーボンセラミックブレーキを採用。サスペンションは公道モードからレーシングモードまで4段階に調節可能。グラウンドエフェクトやウィング効果により最大600kgのダウンフォースを発生可能。3.8リッターV8エンジンは、最高737馬力、さらにそこにハイブリッドシステムが搭載され179馬力のモーターがアシストを行うので、システム出力916馬力と言う、桁外れのパワーを誇っています。最高速350km/h、0-100km/h加速は2.8秒、0-200km/h加速は6.8秒、0-300km/h加速は16.5秒と「Position1」を名乗るに十分のスペックです。価格は、9,661万5千円!

マクラーレン:650S

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:650S

「P1」の下位モデルにあたり、「MP4-12C」の後継車になる車種です。650は650馬力を、Sはスポーツを意味する。エクステリアデザインは、フロントは「P1」を踏襲し、リアは「MP4-12C」を踏襲したデザインになっています。P1の下位モデルとは言っても、最高速333km/hと有り余るスペックを持っています。価格は、3,160万円~!

マクラーレン:570S

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:570S

570Sは、先ほどの650Sより下位にあたるモデルです。マクラーレンのエントリーモデルで、スポーツカーという位置づけになっています。ちなみに、P1と650Sはスーパーカーという位置づけです。エントリーモデルとは言え、最高速は328km/hとさすがマクラーレンと言える性能です!エクステリアデザインはフロント、リア共にP1を踏襲したデザインです。また、570Sをベースに、「540C」「570GT」という派生モデルが誕生し、2018年には「600LT」という570Sをより高性能にしたモデルも誕生しています。価格は、2,188万円~!

「600LT」

マクラーレン:675LT

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:675LT

650Sの上位モデルで、最高出力は車名が示す通り675馬力まで高められたスーパーカーです。LTとはロングテールの意味で、マクラーレンの特別なモデルを表す際に用いられる呼称です。LTが与えられたモデルは、マクラーレンが持てる最高の技術が惜しみなく使われ、かつてない程の最高のパフォーマンスを体験できるスペシャルな車に仕立てられています。装備されているパーツはほとんどLT専用パーツで、サーキット走行から市街地走行に至るまで最高のパフォーマンスで最速に、快適にドライビングを楽しめる仕上がりになっています。世界限定500台の販売で、ユーザーからの熱い要望でスパイダーモデル(オープンモデル)も500台限定で発売になりました。価格は、4,353万円~!675LT スパイダーは、4,788万円~!

「675LT スパイダー」

マクラーレン:720S

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:720S

2017年にお披露目された、この720Sはこれまでの「P1」ルックから大幅に変わり、エクステリアデザイン、エンジンともに刷新されました。これまでは3.8リッターV8エンジンが使用されてきましたが、720Sは新型の4.0リッターV8エンジンへ変更され、最高出力は車名が示す通り720馬力まで高められました。エクステリアは、新型のヘッドライト「LEDマトリクスヘッドライト」の採用と、その下部にはシーケンシャルウィンカーとデイライトを兼ね備えたライトが装備されています。また、720Sでは誰でもドリフト走行が楽しめる、「可変ドリフト・コントロール機能」を備えています。最高速341km/h、0-100km/h加速は2.8秒と、驚異的なパフォーマンスを誇ります。価格は、3,338万円~!スパイダーモデルもありますが、価格は未定です。今後発売予定です。

「720S スパイダー」

マクラーレン:Senna

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:セナ

伝説のF1ドライバー「アイルトン・セナ」の名を冠した、マクラーレンのアルティメットシリーズ最上位に位置するモデルです。P1の後継にあたるモデルとなります。公道からサーキットまで最高のパフォーマンスを発揮する事が出来る、マクラーレンのフラッグシップモデルです。4.0リッターV8エンジンが引き出すパワーは、最高出力800馬力、最高速350km/h以上と言うとんでもない数値です。正に「音速の貴公子」!!500台限定で、価格は1億1340万円!!!すでに完売!また、サーキット専用モデルの「セナGTR」も2019年に登場予定です。こちらは最高出力が825馬力以上と、桁外れなパワーを誇ります。限定75台での販売予定です。

「Senna GTR コンセプト」

マクラーレン:Speedtail

出展:https://www.netcarshow.com/

■マクラーレン:スピードテール

マクラーレン史上初の「ハイパーGT」で、マクラーレン史上最速のマシンです。エクステリアは無駄を完全に排除し、流麗でエレガントなスタイルになっています。速く走るための空気抵抗を完全にカットされるよう設計されています。インテリアに目を向けると、3シート、センターコクピットと唯一無二のデザインになっています。その心臓部も驚異的で、1,050馬力と圧倒的なパワーを誇っています。最高速403km/h、0-300km/h加速は12.8秒と、桁外れの加速力です!106台限定販売で、価格は2億5千万円!しかも、すでに完売!

まとめ

いかがでしたか?マクラーレンは、フェラーリやランボルギーニと並ぶスーパーカーやハイパーカーの生産・販売を行っています。国内では滅多にお目にかかる事がないほど高価なモデルしかありませんが、一度は乗ってみたいですね!

The McLaren 600LT Spider

タイトルとURLをコピーしました