これを読めばあなたもレクサス通!レクサスのデザインと全車種一覧【2020年版】

レクサス
この記事は約7分で読めます。

レクサスとは?

レクサスはトヨタの高級車ブランドです。レクサスという会社名ではありません。トヨタ社の中のレクサスブランドです。

北米で1989年から展開し、国内では2005年から展開開始しました。

1989年に初代「LS」(日本名:セルシオ)を北米で発売し、成功を収める。しかし、機能性とシンプルを追及した結果「退屈で地味」という印象もあった。そのためモータースポーツに参戦するなどし、スポーツモデルの「F」を発表する。

レクサスは、「メルセデス・ベンツ」や「BMW」「アウディ」などに対抗するために様々な活動をしブランディングを行い、今の地位を築き上げた日本が誇る高級ブランドです。

レクサスの由来

レクサスの由来は、”贅沢”や”豪華”を意味する「ラグジュアリー」からの造語と言われています。「Luxury(ラグジュアリー)」の後ろに、ラテン語の「US(ウス)」を付け、LEXUSとしています。

レクサスのデザイン

■スピンドルグリルについて

当時レクサスのデザインは、「高級車として押し出し感が弱い」とか「退屈で地味」「トヨタと違いがわかりにくい」などネガティブな意見がありました。

そこで、アウディの「シングルフレームグリル」や、BMWの「キドニーグリル」など、ブランドを象徴するデザインアイコンを取り入れるために、逆台形のアッパーグリルと、台形のロアグリルを繋げた「スピンドル形状」の「スピンドルグリル」を開発しました。これはレクサス全車種に採用されいています。

■L字型デザインアイコン

エクステリアデザインでは、スピンドルグリル以外にも共通のデザインアイコンがあります。それは、LEXUSの頭文字の「L」をあしらったフロントの「L字型LEDクリアランスランプ」や、「L字型テールランプ」です。

この「スピンドルグリル」と「L字型ライト」がレクサスの象徴で、誰が見ても一発でレクサスとわかるデザインアイコンです。

レクサス全車種一覧

ここからは、2020年12月現在レクサスブランドで販売されている全車種を簡単にご紹介させていただきます。

レクサス:CT

CTは2010年に発売。レクサスのプレミアムコンパクトカー初の「ハイブリッド専用車」で、走行性能と環境性能を両立させた「新たな時代を切り拓くクルマ」として開発された車両です。レクサスブランドの中で最もコンパクトで価格も抑えたエントリーモデルになります。車高が低く、タイヤの張り出し感を強調しスポーティー感を高めています。また、FF(前輪駆動)を活かし室内空間も快適になっています。車名の由来は、「Creative Touring Vehicle」からきています。

レクサス:UX

2018年に発売された、レクサスで最もコンパクトなSUVです。トヨタの「C-HR」をベースに開発された車で、女性でも扱いやすく小回りが利く車に仕上がっています。車名の由来は、都会派クロスオーバーを意味する「Urban Cross(X)」と、開発コンセプトの「Creative Urban Explorer」からきています。

レクサス:NX

レクサスNXは、2014年に「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に走り抜ける走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備えた「レクサス初のコンパクトSUV」として開発されクルマです。当時、レクサス初のターボエンジン搭載モデルを投入するなど話題になった車です。車名の由来は、「Nimble Crossover(X)」からきています。Nimbleは”軽快”という意味です。

レクサス:RX

RXは1997年に、「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」をコンセプトに開発されたクルマです。「高級SUV」という新たなジャンルを切り開いたモデルで、のちに他メーカーが追随するきっかけになったクルマです。初代RXと2代目RXは、国内で「ハリアー」として販売されていました。車名の由来は、「Radiant Crossover」からきています。Radiantは”輝く”の意味です。

レクサス:LX

LXは、レクサスの中で最も大型のSUVです。1996年に「ランドクルーザー80」をベースに、フロントグリル、ヘッドライト、フロントバンパー、アロイホイールをLX専用のデザインとし、本革シートや木目パネルの装備など、より上級の仕上げにして販売したのが始まりです。2代目は国内でも「ランドクルーザー・シグナス」として販売されていました。車名の由来は、「Luxury Crossover」からきています。ラグジュアリー性と、力強さを兼ね備えたレクサスのフラッグシップSUVです。

レクサス:IS

1999年にトヨタの「アルテッツァ」をレクサス仕様に変え、ヨーロッパで販売開始。そして人気車種となる。そして、2005年のレクサス国内展開に合わせて2代目が登場。コンバーチブル2ドアクーペタイプの「IS C」や、V8エンジンを積む高性能スポーツモデルの「IS F」が発売されるなど、人気が高いクルマだった。しかし、3代目になり世界的なSUVブームなどの影響で人気が低迷する。そして、2020年に大幅なマイナーチェンジを果たし、起死回生を図ることに。ISの車名の由来は、「Intelligent Sport」からきています。インテリジェントは、”知的”とか”賢い”という意味です。

レクサス:ES

ESは1989年に当時のトヨタ「カムリ」をレクサス仕様にし、エントリーモデルとして販売開始したのが始まりです。2、3、4代目まではトヨタ「ウィンダム」をベースにレクサス仕様にしたもので、5代目は国内仕様なし。6代目はトヨタ「アバロン」系の車両をベースに開発し販売。7代目から正式に国内導入。7代目ESはレクサス初の「デジタルアウターミラー」を採用しデザインは刷新され、2018年に発売されました。2020年まで販売されていた「GS」の代わりを担う車種です。車名の由来は、「Executive Sedan」からきています。

レクサス:LS

LSは、1989年にトヨタの「セルシオ」をレクサス仕様とし北米で販売開始。当時のメルセデス・ベンツやBMWに及ばず苦戦を強いられる。3代目LSまでは、セルシオのフルモデルチェンジと同時期に変更をする。2006年の4代目以降はトヨタのセルシオを廃止し、LSのみで展開する。そして、2017年の5代目LSで「6ライトキャビンデザイン」を採用するなど、これまでの4ドアセダンとは一線を画す斬新なクーペフォルムセダンに生まれ変わり、高級セダンを名乗るに相応しい風格と装備を手に入れた。車名の由来は、「Luxury Sedan」からきています。

レクサス:RC

RCは、2014年に「アバンギャルド・クーペ」をコンセプトに開発されたプレミアム2ドアクーペです。フロントからリアに流れる一体感があるラインと、張り出したホイールフレア、ワイド&ローの佇まいが走りの良さをさらけ出しています。また、走行性能を高めた「RC F」もあります。車名の由来は、「Radical Coupe」からきています。Radicalは”急進的な、過激な、先鋭”などの意味があります。

レクサス:LC

LCは、2017年に発売されたレクサスのラグジュアリー2ドアクーペです。独特のデザインで、特にヘッドライトは複雑な構成になっています。フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどと比較されるくらい走行性能が高く、国内を代表するクーペと言えます。車名の由来は、「Luxury Coupe」の頭文字とともに、「Lexus Challenge」の意味も込められています。

レクサス:LY650

LY650は、レクサスのデザインフィロソフィーを、65フィートヨットで具現化したモデルです。外観は、今までにない流麗でスポーティーなデザインを採用し、船内は、細部まで拘って作り込み快適な居住空間を実現した。ヨット名の由来は、「Luxury Yacht」の頭文字からきています。

さいごに

いかがでしたか?日本の高級車ブランド「レクサス」。国内ではまだ最近というイメージですが、1989年から活動しているので海外ではすでに定着していました。とくに2012年に採用された「スピンドルグリル」からブランド力を上げ、確固たる地位を築きあげたと思います。かなり勢いのあるブランドなので、今後も期待です。最後までお付き合いありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました