車好きが選ぶ!かっこいいランドローバーのラグジュアリーSUV!

ランドローバー
この記事は約4分で読めます。

ランドローバー

ランドローバーは、イギリスのラグジュアリーSUVを専門に販売しているカーメーカーです。現在は、インドのタタ自動車の子会社です。1948年に「ローバー・モーター社」がオフロード向け車両として「ランドローバー・シリーズ1」を発表!ここからランドローバーの歴史が始まります!その後様々な変遷を辿り、一時はブランド存続の危機に陥る事もありましたが、現在ランドローバーはラグジュアリーSUVの販売ブランドとして確固たる地位を得ています。そんなランドローバーのかっこいいモデルを紹介します。

ランドローバー:レンジローバー

出展:https://www.netcarshow.com/

■ランドローバー:レンジローバー

ランドローバーと言ったら、レンジローバーです。それくらい代表的なモデルです!1970年に初代が発売され、現在4代目のレンジローバーです。このレンジローバーを基に様々な派生モデルが誕生しました。とても歴史が深いモデルです。レンジローバー初のアルミモノコックボディを採用し先代比で420kg削減、また、あらゆる路面状況に応じて自動で車両セッティングが最適化される「テレインレスポンス2」の採用など、最先端の技術が組み込まれています。さらに、2013年にはランドローバー初のハイブリッドの追加など、レンジローバーにはランドローバーの最先端技術が導入され続けています。ランドローバーのフラッグシップにふさわしい風格と性能を備えています。

ランドローバー:レンジローバー・イヴォーク

出展:https://www.netcarshow.com/

■ランドローバー:レンジローバー・イヴォーク

2009年に登場したイヴォークは、そのデザインから高い人気を得て、現在かなり売れているモデルと言えます。写真のイヴォークは新型です。(2代目)ヘッドライト、リアコンビネーションランプは初代より薄型になり、より精悍さが増しました。室内の質感もより上質になり、ラグジュアリー性が高くなったと言えます。イヴォークは、やはりデザインがいいですよね。スタイリッシュで都会的なデザインが人気の理由でしょうね!あと、他のモデルと比較するとお値打ちなところも魅力です!

ランドローバー:ディスカバリー

出展:https://www.netcarshow.com/

■ランドローバー:ディスカバリー

均等の取れた美しさと力強さを感じるデザインは、さすがと言えます。都会的なデザインですが、いざとなったら高い走破性でどこへでも行けます。また、牽引能力は3,500kgと充分なパワーを誇っています。室内もモダンな仕上がりで、いつまでも乗っていたいようなデザインですね!

ランドローバー:レンジローバー・ヴェラール

出展:https://www.netcarshow.com/

■ランドローバー:レンジローバー・ヴェラール

筆者が、ランドローバーの中で一番好きなモデルです。エクステリアが、エレガントで美しいとしか言いようがありません!室内も、モダンなデザインに目を奪われます。どこから見ても美しく、乗ってもデザイン性と質感が高く優越感に浸れるようなモデルです。ランドローバーを所有できるなら、間違いなくヴェラールを選ぶと思います!

ランドローバー:レンジローバーSVクーペ

出展:https://www.netcarshow.com/

■ランドローバー:レンジローバーSVクーペ

999台限定販売で、価格は3,529万円と言う特別なレンジローバーです。ちなみに、国内での販売はすでに終了しています。ランドローバーの中で一番ラグジュアリーなモデルです。この大きさで2ドアと言うのは驚きですね!それよりもっと驚きなのは、全て手作業で組み立てられているって事です。また、ボディや室内に使われている素材は、全て厳選に厳選を重ねた最高級のものが使用され、これ以上ない贅沢な仕上がりとなっています。すでに手に入れる事は不可能なので、中古市場で出回るのを待つしかないです。これだけ希少性が高いモデルだと、中古市場で値段が高騰し、新車時の価格より高くなりそうですね!!

まとめ

ランドローバーいかがでしたか?どれもラグジュアリー性が高く、中々手が届かないモデルばかりです。しかし、イヴォークだけは少しだけお値打ち設定なので、初めてのランドローバーに丁度いいかもしれません。個人的に、ヴェラールがかなり気になります!どうしてもエレガントな車に惹き付けられてしまいます(笑)あなたはどのモデルが気になりますか?

タイトルとURLをコピーしました