車好きが選ぶ!1000馬力超えのかっこいいハイパーカー10台!

ハイパーカー/スーパーカー
この記事は約5分で読めます。

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございました。ここでは、1000馬力超えのハイパーカーを10台ご紹介させていただきます。ちなみに国産車の最高出力は「日産:GT-R」の600馬力です。さらに言えば、「ランボルギーニ:アヴェンタドールSVJ」でさえ770馬力です。なので1000馬力がいかに高いかおわかりいただけると思います。また、国内で一番売れている軽自動車は最高64馬力なので、およそ15倍です。桁外れの出力です!そんなハイパワー・モンスターマシンをご紹介させていただきますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

ブガッティ:シロン・スーパースポーツ 300+

■ブガッティ:シロン・スーパースポーツ 300+

最高出力1600馬力、W16気筒エンジン搭載。オリジナルのシロンをベースに改良されたこのスーパースポーツ300+は、100馬力アップで最高速490Km/hを達成。30台限定販売で、価格はおよそ4億1500万円!ブガッティ最強最速のロードカーです。

ヘネシー:ヴェノム・F5

■ヘネシー:ヴェノム・F5

最高出力1600馬力。世界最速のロードカーを目指して開発された車です。ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社はアメリカのハイパーカー開発メーカーです。F5とは竜巻等級の最高ランクを意味しています。0~300km/h加速が10秒未満、0~400km/h~0が30秒未満、最高速500km/h超え、価格はおよそ1億7千万円のハイパーカーです。

ケーニグセグ:レゲーラ

■ケーニグセグ:レゲーラ

最高出力1500馬力。ケーニグセグはスウェーデンのハイパーカーメーカーです。0~400km/h~0は31.49秒という驚異的な性能を持っています。また、ドアの開閉方式も独特で、ドアが外側に張り出した後90度前方に回転して開きます。(ディヘドラル・シンクロ・ヘリックスドア)価格はおよそ2億1,800万円です。

ケーニグセグ:アゲーラ One:1

■ケーニグセグ:アゲーラ One:1

最高出力1360馬力。アゲーラ One:1は、ケーニグセグ創立20年を記念にアゲーラをベースに開発された車です。静止状態から402km/hまでの到達タイムは20秒以内。7台のみ生産された車で、価格はおよそ6億7千万円!!

ブガッティ:ヴェイロン 16.4

■ブガッティ:ヴェイロン 16.4

最高出力1001馬力。300台限定販売。16.4とは、8.0リッターW16気筒エンジン+4ターボチャージャーからきています。0~100km/h加速は2.5秒、200km/hまでは7.5秒、300km/hまでは16.7秒、最高速407km/hというハイパーカーです。価格はおよそ1億6300万円~。

アポロ:アロー

■アポロ:アロー

最高出力1000馬力。4リッターV8ツインターボエンジン搭載。0~100km/h加速は2.9秒。最高速360km/h。価格はおよそ1億2400万円。ちなみにアポロは、ローラント・ゲンペルトが設立したドイツの自動車メーカーです。2019年に「インテンサ・エモツィオーネ(IE)」というハイパーカーを発表して話題になったメーカーです。IEは、最高出力780馬力、0~100km/h加速2.7秒、最高速333km/h、価格はおよそ3億1000万円です。

参考「インテンサ・エモツィオーネ」

メルセデスAMG:One

■メルセデスAMG:One

最高出力1000馬力以上。F1由来の1.6リッターV6エンジン+4基のモーターを搭載。0~200km/h加速は6.0秒以下、最高速350km/h、世界限定275台販売、価格はおよそ3億1500万円です。F1の技術を搭載させた夢のハイパーカーです。

ゼンヴォ:ST1

■ゼンヴォ:ST1

最高出力1104馬力。ゼンヴォはデンマークのスーパーカーメーカーです。0~100km/h加速は3.0秒、最高速375km/h、6.8リッターV8エンジン搭載、生産台数15台、価格はおよそ1億3000万円です。

エレーション:フリーダム

■エレーション:フリーダム

アメリカの新興メーカー「エレーション」が開発したハイパーカーです。開発スタッフがF1やル・マン24時間などの、サーキット関連に携わった専門スタッフばかりという最強メーカーです。最高出力は1929馬力。0~100km/h加速は1.8秒、最高速418km/h、価格は2億円以上。2022年のジュネーブ・モーターショーで公開予定です。

SSC:トゥアタラ

■SSC:トゥアタラ

最高出力1750馬力。SSCとはアメリカの自動車メーカー「シェルビー・スーパーカーズ」の略。トゥアタラは世界最速記録を持つハイパーカーで、その速度はなんと、532.93km/h!!異次元の速度です。市販車初の500km/h超えの公道最高速度の記録保持車です。また、0~322km/h加速は16秒以内と、全てが異次元のハイパーカーです。

さいごに

いかがでしたか?どの車もぶっ飛び過ぎたスペックで現実味がないですね。国内で乗るにはどの車も持て余し過ぎてしまいます(笑)それでもカッコいいのは間違いないです。「ブガッティ:シロン」や「メルセデスAMG:One」「ケーニグセグ:レゲーラ」は個人的にかなり好きなデザインです。あと1000馬力未満ですが「アポロ:インテンサ・エモツィオーネ」もかなり好きです。価格が異次元過ぎて手に入れるなんて事は不可能ですが、一度は乗ってみたいです。

国産車で馬力が高い車特集はこちら

今買える300馬力以上のかっこいい国産車10選【2021年1月版】
はじめに 当ブログにお越しいただきありがとうございます。ここでは、今買える300馬力以上のかっこいい車を10台ご紹介させていただきます。今はエコで燃費が良くて維持が楽な車が人気なので時代に逆行するような車ばかりですが、車好きにとって高出力...
タイトルとURLをコピーしました