ホンダ「新型ヴェゼル」発表!これじゃない感が否めない…

ホンダ
この記事は約4分で読めます。

新型ヴェゼル

2021年2月18日、ホンダは「新型ヴェゼル」を発表しました。グローバルでは「HR-V」の名で販売されます。しかし、パッと見た瞬間に「これじゃない」という感じになりました。その理由はデザインです。以前の面影は一切消え、どこか見覚えのあるデザインに変わってしまったのです。これは非常に残念な事です。それでは、そのデザインを見てみましょう。

新型ヴェゼル:フロントビュー

写真上が「新型ヴェゼル」です。写真下は「マツダ:CX-5」です。めちゃくちゃ似てませんか?グリルの形と言い、グリルからつながるヘッドライトの形、ロアグリルのデザイン、どれをとっても「CX-5」そっくりです。ホンダのアイデンティティである「ソリッド・ウィング・フェイス」はどこへ行ってしまったのか…!

このデザインだと「マツダの新型SUVだよ!」と言われた方が納得できます。

新型ヴェゼル:サイドビュー

写真上は「新型ヴェゼル」です。写真下は「マツダ:MX-30」です。「新型ヴェゼル」のサイドを見て思ったのが、「マツダ:MX-30」に似ているって事です。シルエットがかなり似ているなぁと思いました。ただ、今流行りのクーペフォルムのSUVのサイドビューはどれも似たりよったりなので仕方ないのかもしれないです。

新型ヴェゼル:リアビュー

写真上は「新型ヴェゼル」です。写真下は「トヨタ:ハリアー」です。「新型ヴェゼル」のリアビューを初めて見て思ったのは、「トヨタ:ハリアー」です。似すぎてます。サイドに一直線につながるテールライトと言い、シルエットと言いかなり酷似していると思いました。

新型ヴェゼル:室内

「新型ヴェゼル」の室内の作りは欧州車の様な落ち着きのある雰囲気を演出していますが、まだ一歩足りてない感じがします。ダッシュボードなどにソフトパッドを使ってそれなりに魅せていますが実際の質感はどうなんだろう、写真だとわかりにくいけどそんなに上質では無さそうな感じもします。これは実車を見てみないとわかりにくいですね。高級そうにも見えるけどチープさもあります。

新型ヴェゼル:デザイン総評

「新型ヴェゼル」のデザインは今流行りのSUVのデザインを取ってくっつけたかの様なデザインで、ホンダらしさが一切感じられません。他の国産自動車メーカーは、独自のデザインテイストを持っていて一目見てどこのメーカーかわかる様なデザインを取り入れています。例えばトヨタなら「キーンルック」、日産「Vモーション」、マツダ「魂動デザイン」、三菱「ダイナミックシールド」などです。今回の「新型ヴェゼル」に関しては、それまでのホンダのデザインアイコンであった「ソリッド・ウィング・フェイス」を進化させれば良かったのにと思います。デザインは盗んでいるわけではないと思いますが、ここまで似ているとそう思ってしまいます。流行りのデザインをくっつけまくってもカッコいいとは思えません。

今後、ホンダはこのデザインテイストを使って新型車を開発していくのかどうかはわかりませんが、もうちょっと考えた方がいいかもしれませんね。

新型ヴェゼル:グレード構成

■ガソリンモデル
・「G」(2WD/4WD)
■ハイブリッドモデル
・「e:HEV X」(2WD/4WD)
・「e:HEV Z」(2WD/4WD)
・「e:HEV PLaY」(2WDのみ)
ガソリンモデルは「G」のみで、他はハイブリッドモデルの合計7グレード展開です。

また、量産車初となるスマートフォンが車のキーの代わりになる「Hondaデジタルキー機能」は、車のキーを持っていないと使えないという意味不明なシステムで、スマホ一つで何でも出来るという未来的な機能では無さそうです。(防犯などのセキュリティ面で出来なかったのかもしれないですね)

新型ヴェゼル:まとめ

個人的に「新型ヴェゼル」は本当に「これじゃない」感が凄いです。本当に衝撃のデザインでビックリしました。これだったら様々な自動車情報誌が載せていた、ヴェゼルの新型予想CGの方がかっこいいと思います。ですが、流行りのデザインを取り入れているので売れるとは思います。そして僕自身も時間が経ち見慣れてくればかっこいいと思う時があるかもしれません。いやぁ、凄いデザインですがこれで起死回生できるかどうか見物ですね。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました