車好きが選ぶ!見た目が本気でカッコいい、アメリカンクラシックマッスルカー8台!

アメ車

アメリカンマッスルカー

マッスルカーっていかにもアメリカって感じですよね!燃費なんて関係ない!とにかく馬力!パワーさえあれば他は何もいらない(笑)最近のアメ車も高馬力のモデルが多いですが、アメ車は昔から馬力重視です!そんな昔のアメ車で好きな車を紹介したいと思います!では早速!

シボレー:コルベットC1

■シボレー:コルベット C1

コルベットの歴史はここから始まりました!歴史的な車です!1954年にシボレー初の「2シーターオープンスポーツカー」として登場しました。当時のC1は、かなり完成度が低くトラブルが非常に多かったそうです!何度もマイナーチェンジを繰り返し、最終モデルでは300馬力を超す程成長しました。また、レースへの参戦もしていてクラス優勝するほど活躍をしました。そんな歴史ある1台です。今手に入れようと思うと、かなり難しいモデルです。なんといっても球数が少なすぎて、まず探すのが苦労するモデルです!写真は、C1最終モデルでもある1962年製のものです。

参考「コルベットC1 初期モデル(1954年モデル)」

【必見】しつこい電話なしで車査定が出来るおすすめ3社を紹介!
ここでは、しつこい営業電話なしで利用できる車査定を3社ご紹介させていただきます。車査定に申し込むと一斉に電話がかかってきて嫌な思いをされた方や、数社で車買取の見積もりを取りたいけど、電話対応が面倒だなって思っている方々のお役に立てれば幸いです。

シボレー:コルベットC2

■シボレー:コルベット C2

筆者の中でコルベットと言ったらこの「C2」が最初に頭の中に浮かびます。それくらい好きなモデルです。所ジョージさんの愛車としても有名です。ちなみに、所ジョージさんのC2は、世界一美しいと言われています。一度見てみたいです!コルベットC2は、その名が示す通り2代目となるコルベットです。モデルとなった「コルベット・スティングレー・レーサー」の名から「コルベット・スティングレー」と呼ばれました。スティングレーとは、「エイ」の意味です。言われてみれば「エイ」っぽいですね。1963年~1967年まで販売され、最高出力は400馬力超えのモデルまで登場しました。正にマッスルカーと言えるモデルです。C2型コルベットもC1と同等、かなり手に入れにくいモデルです。状態がいいものは、数千万円で取引されています。

参考「コルベット・スティングレー・レーサー(1959年)」

MOTAで車を売るメリット・デメリット!
ここでは、車買取MOTA(モータ)の特徴とメリット・デメリットについてわかりやすくご説明させていただきます。これからMOTAを利用して車を売りたいとお考えの方のお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

シボレー:カマロ

■シボレー:カマロ

1967年に登場した、この初期型は3年間しか販売されなかった希少なモデルです。当時は正規輸入されていなかったため、国内販売はわずか10台程度でした。筆者が一番好きなカマロがこの初期モデルです!この初期カマロもかなり希少車で、球数が少なく、かなり高額で取引されています。モーターショーなどでしか実車を見ることがないです。

車買取業者10社を徹底比較!おすすめはどこ?
ここでは車買取業者10社を元業界人の僕がわかりやすく比較させていただきます。これから車を売る事を検討している方のお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

フォード:マスタング

■フォード:マスタング

1964年に登場したマスタングは、販売戦略がうまくアメリカの自動車史に残るほどベストセラーとなりました。様々なモデルがあり、今でも高い人気を誇っているのがトップモデルでもある「GT」です。今でも映画に使われるほど人気があります。(ワイルドスピードなどに出ています)逆に、映画に使われたので人気になったのかもですが!今見てもこのファストバックスタイルは美しいと思います。先ほどのカマロやコルベットとなど同じく、60年代のアメ車のデザインは筆者的にかなりツボです!

楽天カーオークションで車を売るメリット・デメリット!
ここでは、楽天carオークションで車を売るメリットとデメリットについてわかりやすくご説明させていただきます。これから車を売ろうと考えている方のお役立てれば幸いです。出来るだけわかりやすくお伝えしていきますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

ダッジ:チャージャー

■ダッジ:チャージャー

1966年に登場し、1978年まで販売された初代「チャージャー」です。V8エンジンを搭載し、最上級グレードには426HEMIというレース用のエンジンを搭載していました。HEMIエンジン搭載車は400馬力を超え、0-100km/h加速は6秒弱と当時ではかなりパワフルなエンジンを搭載してました。しかし、1970年代に入るとオイルショックの影響で大幅なパワーダウンを余儀なくされます。400馬力あったエンジンは、140馬力程度に衰え、デザインも大幅に変更してしまいました。個人的に、デザイン変更される前までのデザインがかなり好きです。写真は1970年モデルです。ワイルドスピードのドミニクの愛車と同じ年式のチャージャーですね!この年式のチャージャーは特に希少で、お金があっても手に入れられないって感じですね!

理想の中古車を手に入れるなら「ズバット車販売」がおすすめ!
ここでは、理想の中古車を手に入れる方法について解説させていただきます。どうせ買うなら理想の中古車が欲しいですよね?中古車と言っても安い買い物ではありません。無料で効率より理想の中古車を探す方法について詳しくご説明させていただくので、どうぞよろしくお願い致します。

ダッジ:チャレンジャー

■ダッジ:チャレンジャー

1970年に登場したこのモデルは1974年まで販売されました。特に売れたのが写真の1970年モデルです!チャレンジャーには、「6」「V8」「R/T」の3グレードがあり「R/T」が最上級となります。ちなみにR/Tは、7.0リッターV8エンジン搭載、最高出力425馬力と強烈なパワーを持っています!現行で販売されている3代目チャレンジャーは、初代を踏襲したデザインとなっています。

愛車の買取相場を簡単に調べる方法をわかりやすく解説!
ここでは、簡単に今の愛車の買取相場を調べる方法についてご説明させていただきます。また、車を少しでも高く売る為のコツについても解説させていただきますので、車の買い替えを検討されている方は是非参考にして下さい、よろしくお願いいたします。

プリムス:AARバラクーダ

■プリムス:AARバラクーダ

プリムスは、1928年にクライスラーが開始したカーブランドですが、2002年に惜しくも幕を閉じたブランドです。AARバラクーダは、1964年から1974年の10年間販売されたモデルで、写真は1970年モデル(3代目)です。先ほど紹介した「ダッジ・チャレンジャー」の兄弟車ですね。様々なグレードがあり、中にはHEMIエンジンを搭載するモデルもあります。現在は、ほとんど見る機会がなくコレクター・カーと言われています。

車の下取りが0円の原因と値段を付けて売る方法
ここでは、ディーラー下取り査定が0円だった場合の原因と、それでも車を売る方法について解説させていただきます。車を少しでも高く売りたい方や、これから車を買い替える方のお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

ACコブラ/シェルビー・コブラ

■「ACコブラ」「シェルビー・コブラ」

今でも高い人気を誇る「コブラ」です。レプリカが多く販売されていて、そのレプリカでさえ数百万円するという恐ろしい車です。これこそお金があっても手に入らない車と言えます。コブラは、イギリスのカーブランドであるACカーズが、ACエースという車をベースに作った車です。コブラはブリストルカーズというブランドからエンジン供給をしていましたが、1961年にブリストルカーズがエンジン生産を中止したため、コブラは生産危機に陥りました。そこにアメリカ人レーサーの「キャロル・シェルビー」が、フォード製のV8エンジンを供給したことによって、英米合作のコブラが誕生しました。コブラは、1962年から1970年の間にMK1からMK3まで販売されました。この8年間で販売されたのはたったの1000台なので、いかに希少かってのがわかってもらえると思います。はっきり言って市場に出回ることはありません。オリジナルのコブラを目にする事なんて、一生ないかもって思うほど希少です!

ユーカーパックで車を売るメリットと2つの注意点!
ここでは、車買取オークション「ユーカーパック」の特徴と注意点についてご説明させていただきます。ユーカーパックが何で高価買取なのかと、より高く売る為の注意点について解説させていただくので、最後までお付き合い下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

まとめ

いかがでしたか?まだまだありますが、今回は有名はモデルでまとめました。また機会があれば記事にしたいと思います。あなたは、どのマッスルカーが好きですか?

かっこいいアメ車の特集はこちら

車好きが選ぶ!カッコいいアメ車【クーペ・セダン編】
ここでは、シボレーやキャデラックなどのアメ車で見た目がかっこいいと思うスポーツカーを厳選して7台ご紹介させていただきます。どれも本気でかっこいい車種ばかりです。是非ご覧ください。よろしくお願いいたします。
タイトルとURLをコピーしました